最新記事

動物

パンダのうんちから作られた高級ティッシュはいかが?

2017年12月21日(木)16時30分
クリスティーナ・チャオ

中国四川省ではジャイアントパンダの繁殖研究が活発 China Daily-REUTERS

<大量のうんちと残飯に悩まされたパンダ保護センターの救世主となるか>

中国で、パンダのうんちをリサイクルして作る贅沢なティッシュペーパーが発売される。ちょっと変わったこの製品は、その名も「パンダ・プー(うんちの意)」。一般的なティッシュの10倍の価格、1箱6.54ドル(約740円)で売り出される。

四川省にあるティッシュ製造会社の犍為鳳生紙業と中国南西部のパンダ保護区は12月18日、保護区内の3カ所の活動拠点から糞便と残飯を回収しリサイクルすることで契約を交わした。

同社は、3~7日おきに原材料となる糞便と残飯を回収し、そこから「パンダ・プー」を製造する。

中国ジャイアントパンダ保護・研究センター(CCRCGP)の研究員フアン・ヤンは中国地方紙の成都ビジネスデイリーに、パンダたちの糞便の量は1日に22ポンド(約10キロ)にもなり、その処理にかなりの時間を費やすと語った。

また、1日で出す残飯は約110ポンド(約50キロ)。パンダは食事後に大量の竹を吐き出すためだ。

ヤンは「同社は私たちのためにゴミの始末をしてくれている」と語る。「糞便をティッシュに加工することは、我々にとって廃棄物処理の完璧な解決策だ」

このほか、トイレットペーパー、ハンカチ、紙ナプキンなどの生産も予定している。

同社のチュウ・チュアンピン副社長は「糞便から筆記用紙は作らない。安全性を確保するために、市場に出る前に製品のバクテリア検査を実施する」と語っている。

チュウは、パンダの糞便から作ったティッシュで自分の顔を拭くのが心配な人たちの懸念に対応するため、製品の安全性を確認する多くのプロセスがあると指摘する。ティッシュは洗浄された後、高温で滅菌される。生産コストが高くつくために商品価格が高いのは仕方がない、と言う。

同社のヤン・チャオリン会長は「当社とパンダはウィンウィンな関係」と話している。


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月