最新記事

サウジ王族

汚職摘発に熱心だったサウジ皇太子、ケタ違いの贅沢が明らかに

Saudi Prince Bought the World's Most Expensive Home

2017年12月19日(火)16時56分
グレース・ガーニエリ

17世紀のフランスの城を模した世界一高額な家の買い手はサウジの皇太子だった Charles Platiau-REUTERS

<7月に王位継承者となって以来、身内の王族も容赦しない汚職摘発でクリーンさをアピールしてきたムハンマド皇太子の天文学的買い物リストが明らかになった>

サウジアラビアの皇太子で経済改革のリーダーを自任するムハンマド・ビン・サルマンが、世界で最も高額な邸宅を3億ドルで購入していたことが明らかになった。

邸宅はパリ郊外のルーヴシエンヌにあり、「ルイ14世の城」と呼ばれている。2015年に売却されたときは、誰が買ったのかわからずじまいだった。それがムハンマド皇太子だったことを、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。記事はまた11月、レオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ(救世主)」を美術作品としては過去最高の4億5000万ドルで落札したのも、ロシアのウォッカ会社の投資家から5億ドルのヨットを購入したのも、ムハンマドだった、と報じている。

「ルイ14世の城」は、数年前に建ったばかりだが、17世紀のフランスの城を忠実に再現した外観と豪華な内装で知られる。広大な来客用スウイートルームが10室あるほか、バー、屋内スカッシュコート等々、近代的な娯楽施設も整っている。アメリカのセレブ、キム・カーダシアンが、カニエ・ウェストとの結婚式会場の候補として足を運んだ建物でもある。

ムハンマドがこの邸宅の所有者であることを2年にわたって伏せることができたのは、ルクセンブルクとフランスに設立した複数のペーパーカンパニーを通じて購入したためだ。それらの会社は、最終的にムハンマドの投資会社エイト・インベストメント・カンパニーの所有となっている。

ニュース速報

ビジネス

ヘッジ付・オープン外債増加=明治安田生命運用計画

ワールド

トランプ氏が核合意破棄なら「重大な結果」招く=イラ

ビジネス

焦点:昆虫農場に熱視線、世界の「タンパク質危機」救

ワールド

中国の北朝鮮への燃料輸出、3月も低水準

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 3

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わる!

  • 4

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 5

    世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

  • 6

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 7

    安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

  • 8

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 9

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 10

    中国で神妙だった金正恩氏、帰国して「偉そうな態度…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月