最新記事

サウジ王族

汚職摘発に熱心だったサウジ皇太子、ケタ違いの贅沢が明らかに

2017年12月19日(火)16時56分
グレース・ガーニエリ

17世紀のフランスの城を模した世界一高額な家の買い手はサウジの皇太子だった Charles Platiau-REUTERS

<7月に王位継承者となって以来、身内の王族も容赦しない汚職摘発でクリーンさをアピールしてきたムハンマド皇太子の天文学的買い物リストが明らかになった>

サウジアラビアの皇太子で経済改革のリーダーを自任するムハンマド・ビン・サルマンが、世界で最も高額な邸宅を3億ドルで購入していたことが明らかになった。

邸宅はパリ郊外のルーヴシエンヌにあり、「ルイ14世の城」と呼ばれている。2015年に売却されたときは、誰が買ったのかわからずじまいだった。それがムハンマド皇太子だったことを、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。記事はまた11月、レオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ(救世主)」を美術作品としては過去最高の4億5000万ドルで落札したのも、ロシアのウォッカ会社の投資家から5億ドルのヨットを購入したのも、ムハンマドだった、と報じている。

「ルイ14世の城」は、数年前に建ったばかりだが、17世紀のフランスの城を忠実に再現した外観と豪華な内装で知られる。広大な来客用スウイートルームが10室あるほか、バー、屋内スカッシュコート等々、近代的な娯楽施設も整っている。アメリカのセレブ、キム・カーダシアンが、カニエ・ウェストとの結婚式会場の候補として足を運んだ建物でもある。

ムハンマドがこの邸宅の所有者であることを2年にわたって伏せることができたのは、ルクセンブルクとフランスに設立した複数のペーパーカンパニーを通じて購入したためだ。それらの会社は、最終的にムハンマドの投資会社エイト・インベストメント・カンパニーの所有となっている。

MAGAZINE

特集:中国発グローバルアプリ TikTokの衝撃

2018-12・25号(12/18発売)

世界に広がる中国発の動画アプリTikTok 10代・20代が夢中になるその秘密とは

人気ランキング

  • 1

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 2

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 3

    フィリピンはゴミ捨て場か!と反韓の声 韓国業者が違法産廃を大量に「輸出」

  • 4

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

  • 5

    永住者、失踪者、労働者──日本で生きる「移民」たち…

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 9

    太陽コロナに触れる探査機、熱で溶けない4つの理由:…

  • 10

    マズローの欲求5段階説にはさらに上があった。人類…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月