最新記事

動物

「日本のメスザルは性的意図でシカ相手に疑似交尾」=レスブリッジ大学研究

2017年12月18日(月)18時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

オスのシカに乗って疑似交尾するメスザル Jean-Baptiste Leca/YouTube

<サルとシカの交尾はパートナー探しに困窮した結果なのか、はたまた「文化的に維持される現象」の始まりか...>

日本のサルに何やら奇妙な行動がみられる。

12月11日、カナダ・レスブリッジ大学の研究者が大阪府箕面に生息するニホンザル(以下、サル)に関する興味深いデータを発表した。タイトルは「ニホンザルからシカへの異質性的行動の定量的研究」。メスザルがシカ相手に性的目的で近づき、実際の交尾はしていないものの性的行為に及んでいるというのだ。

実は「サルとシカの交尾」は今年1月に権威のある霊長類専門学術誌プリマーテスで、鹿児島屋久島のケースが報告されている。このときはオスザルがメスジカと交尾しようとする場面が捉えられたが、サルが性的な動機で行動しているかどうか曖昧だった。

性的な目的でシカを追いかけていた

最新の調査結果は、メスザルにとって性的刺激や交尾などの性的な目的を持つ行為であることを示唆するという共同著者のノエル・グンスト准教授の見解を英ガーディアン紙が伝えている。

研究はグンストとジャン・バティスト・レカ准教授(両者ともレスブリッジ大学)などが率いる調査チームによるもので、ヒト以外の霊長類と非霊長類との間の性的作用をデータで示した初の研究。「明治の森箕面国定公園」で採取したフンのサンプルからホルモン検査を行い、行為の頻度や持続時間などを過去のデータと比較して相関関係を調べた。調査では14匹のサルとシカによる258回の行為が観察された。

5つのケースでは、サルは同一のシカを相手に10分間で3回以上行為に及んだ。このとき、サルが発する鳴き声はサル同士の交尾で聞かれるものと同じだったという。さらに嫉妬とも取れる様子も確認されている。自分の馴染みのシカに別のメスザルが乗っているのを見つけると行為を邪魔して追い払ったのだ。

一方でシカはと言うと、あまり気にしていないようだ。一部のシカは背中に乗ったサルを振り落とそうとしたが、だいたいはサルの行為に無抵抗になされるがままという具合だ。背中で行為にふけるサルを尻目に食事を続けるシカもいた。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮情勢「むしろ悪化」と安倍首相、豪首相との会談

ビジネス

中国の17年成長率は政府目標上回る6.9%、固定資

ビジネス

焦点:EV黒字化を公約した米GMの「秘策」

ワールド

情報BOX:トランプ米大統領、インタビューでの主な

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 2

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い…

  • 6

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    東大生に育てたいなら、子供に「100点」を目指させて…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 5

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 1

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 2

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 3

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 4

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月