最新記事

中東

サウジ皇太子の改革を称賛する国民の本音

Is Mohammad bin Salman The One?

2017年12月6日(水)16時30分
スティーブン・クック(米外交評議会上級研究員)

壁に描かれたサルマン国王(右)と息子のムハンマド・ビン・サルマン皇太子の肖像 Faisal Nasser-REUTERS

<懸念を募らせる国外の有識者たちとは裏腹に、国内では皇太子の改革を称賛する声が圧倒的に多い>

勘弁してくれ、田舎道を時速130キロで飛ばすなんて。しかもタイヤの空気圧が低過ぎて警告ランプが点灯している。事故ったらどうする? 私の薬品アレルギーを、アラビア語でうまく説明できるだろうか?

私たちはサウジアラビア北西部の町ウラーの郊外を走っていた。雇われ運転手のアブナジブ(仮名、その他の取材対象者も同様)は平然とアクセルを踏み続け、私の不安に気付く気配もない。

アブナジブを紹介されたのは25分前だ。大柄なくせに、何か警戒している感じだった。でも私が冗談めかして「ムハンマド・ビン・サルマン」と名乗ると笑顔がはじけた。それからの2日間は、彼も相棒の男性もすごく冗舌だった。

私は6人のアメリカ人と一緒にサウジアラビア各地を車で回る旅の途中。行き先は南西部ジッダ、ウラー、北部ハーイル、首都リヤドと東部ダンマーム。6人は元大学教授や不動産業者、金融会社の元役員などで、彼らにサウジアラビアや中東の事情をレクチャーするのが私の仕事だった。

せっかくの機会だから、私は旅のついでに現地の庶民の声をできるだけ聞いた。王家の面々や外交官、あるいは財界人の声ではない。われらが運転手やその相棒のような、つまりは平均的なサウジ国民。権力とは無縁の人たちの声だ。

最初に気付いたのは、この国で起きている出来事について外国メディアやアメリカの外交評論家、あるいはツイッター著名人の垂れ流す解説と、現地の一般人の受け止め方はまるで違うという事実だ。

私たちが旅している間に、驚きの出来事が続いていた。若き皇太子ムハンマド・ビン・サルマンは何十人もの王族や実業家などを汚職の疑いで一斉に逮捕し、超高級ホテル「リッツ・カールトン」に閉じ込めていた。レバノンのサード・ハリリ首相を呼びつけて辞意を表明させもした。隣国イエメンからリヤドの国際空港にミサイルが飛んでくる事件もあり、ムハンマドはこれをイランによる「戦争行為」と決め付けているようだ。

私が現地で把握できなかった情報も多いはずだが、それでもムハンマドが実質的な宮廷クーデターを仕掛け、他国の首相を拉致したらしいこと、そうした乱暴な行為はイランとの代理戦争を招きかねず、そうなれば中東全域が不安定になることくらいは想像できた。

ニュース速報

ビジネス

内外株と外国社債中心に積み増し=18年度下期・大同

ビジネス

ECBの政策ツール、インフレ押し上げに十分効果的=

ビジネス

焦点:恐怖指数VIX上昇、株安で「ボルマゲドン」再

ワールド

サウジ、記者失踪で徹底捜査を約束=米国務長官

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人は要注意

  • 3

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯らす害虫が拡散中

  • 4

    日本は中国との闘い方を知らない

  • 5

    色あせる中国「一帯一路」 IMF・世界銀行の総会で批…

  • 6

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月