最新記事

亡命

応急処置で肺に針を 北朝鮮亡命兵士、救出から6時間の手術まで

2017年12月5日(火)16時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

イ・グクジョン医師ら亜州大学病院のスタッフが懸命に医療活動にあたった YTN news / YouTube

<銃撃を受けた北朝鮮の亡命兵士を救ったのは韓国人医師たちによる懸命な医療行為だった>

11月13日、板門店の軍事業界線を越えて韓国側に脱北してきた亡命兵士。彼が現在も治療を受けている病院に運び込まれたときの映像をCNNが公開し、当時の緊迫した状況が改めて浮き彫りになった。

CNNによると、亡命兵士は米軍のヘリコプターによって、京畿道水原市の亜州大学病院の緊急医療センターに運び込まれてきた。

イ・グクジョン亜州大学病院重症外傷センター長ら医療チームがストレッチャーに移し替えて手術室に運び込んだ当時、兵士は腹部と右側骨盤、両腕、脚など5か所以上に銃撃を受けてから25分が過ぎていた。


CNNの報道は韓国メディアでも紹介された YTN news / YouTube

「半分よりはるかに多くの血液を流して、低血圧とショックで死にかけていた。まるで割れた瓶のような状態で、充分な血液を送り込むことが出来なかった」とイ医師は語る。

10数名の医療チームが彼を手術台に乗せ、最初30分は彼の呼吸を維持させようと懸命の作業を行ったという。ようやく落ち着いたのもつかの間、さらに深刻な事態が発生した。

兵士の体内から銃弾を取り除くための手術は5時間かけて行われたが、腸の傷をふさごうとしたところ、寄生虫が出てきたという。また、手術中、何度か兵士の容体が不安定になることがあった。イ医師はこの兵士が手術台で亡くなるのではないかと考えたという。「彼が助かったのは奇蹟だ」と語る。

手術後に意識を取り戻した兵士は、すぐに自分がいるところがまだ北朝鮮ではないかと心配していたという。イ医師は「兵士に、ここは本当に韓国だよね?と聞かれたので、私がこの太極旗(韓国の国旗)を見てごらん、と答えてあげた」とCNNに語った。

CNNは今回の亡命兵士への緊急手術のほか、多数の救急患者を救ったイ医師ら亜州大学病院重症外傷センターの日常の活動も紹介。こういった日々の医療活動の実績の積み重ねが、北朝鮮からの亡命兵士の命を救った鍵だったと紹介した。

イ医師に関しては、亡命兵士の手術後に行った記者会見で、兵士の腸から寄生虫や未消化のトウモロコシの芯が見つかったことなどを紹介した点について、「亡命兵士の人権を傷つけた」と非難する声が韓国国内で巻き起こった。今回CNNの取材に応じて手術当時の映像を公開したのは、こうした批判する国内世論への反論という意味もあるようだ。

ニュース速報

ビジネス

内外株と外国社債中心に積み増し=18年度下期・大同

ビジネス

ECBの政策ツール、インフレ押し上げに十分効果的=

ビジネス

焦点:恐怖指数VIX上昇、株安で「ボルマゲドン」再

ワールド

サウジ、記者失踪で徹底捜査を約束=米国務長官

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯らす害虫が拡散中

  • 3

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人は要注意

  • 4

    日本は中国との闘い方を知らない

  • 5

    色あせる中国「一帯一路」 IMF・世界銀行の総会で批…

  • 6

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 10

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

  • 1

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 2

    ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月