最新記事

スマートフォン

iPhoneXは期待外れ

2017年12月27日(水)16時20分
ゾーラ・レイ

iPhoneXが発売になった11月3日は熱気に満ちていたが Peter Nicholls-REUTERS

<鳴り物入りで発売されたが、売れ行きはよくなさそうだ>

2017年のクリスマス商戦が終盤に入っても、iPhone Xへの需要は予測を下回っていると、米ブルームバーグは12月26日に複数のアナリストを引用した。同日のアップル株価は下落し、アナリストは2018年第1四半期のiPhone X出荷数の予想を引き下げた。

iPhone Xの販売価格は最も安いモデルでも999ドルする(SIMフリーモデルの場合、日本での価格は税別11万2800円)。これに対し「iPhone 8」は、699ドル(同7万8800円)で手に入る。

中国の国金証券のアナリスト、張斌は投資家向けリポートで、「需要の第一波が満たされた後は高価格がネックとなり、2018年第1四半期は需要が落ちることを市場は懸念している」と書く。iPhone Xの出荷台数は、これまでの予想の3500万台を1000万台下方修正した。

ブルームバーグの記事には、JLウォーレン・キャピタルの22日付けのリポートも紹介されており、2018年第1四半期のiPhone X出荷台数が3000万台から2500万台に引き下げている。需要低下の理由については「高過ぎる価格と、興味を引くイノベーションの欠如」の2点を挙げる。

iPhone.の天下いつまで

iPhone Xの部品メーカーも株価を下げている。米CNNによると、ルメンタムとペガトロンの株価が約3%下落したほか、スカイワークスやフィニサーは2%、フォックスコンも1%値を下げた。なかでも下げ幅が大きかったのは、iPhone Xのレンズモジュールを製造している台湾の玉晶光電(ジニアス・エレクトロニック・オプティカル)で、11%以上下落した。

11月の時点で、アップルのティム・クックCEOはiPhone Xの予約状況について「非常に堅調だ」とCNNにコメントしていた。アップルはこれまで、iPhone Xの販売実績について、正式な数字を発表していない。

一方、フォーブスのイワン・スペンスは12月に入り、iPhone Xの販売不振はアップルにとってそれほど悪い状況というわけではないと書いた。同時に発表した下位モデルiPhone8が予想以上にヒットしたせいだからだという。

だが、iPhone Xから客を奪っているのはアップルのほかの製品ばかりではない。サムスンは、「Galaxy Note 7」の発火騒動から見事に復活を遂げ、強力なライバルとなっている。また、中国のユーザーにとっては、オッポ(OPPO)や華為技術(ファーウェイ)、小米科技(シャオミ)といった国産メーカーも有力な選択肢になっている。

(翻訳:ガリレオ)

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月