最新記事

女性問題

インドネシア軍・警察の処女検査、 人権団体が廃止要求

2017年11月24日(金)12時40分
大塚智彦(PanAsiaNews)

女性がインドネシア軍や警察に入るには処女検察を受けなければならない Darren Whiteside-REUTERS

<「処女検査の恐怖や痛みに耐えられない女性は警察官には不向き」という屁理屈をいつまで守り通すつもり?>

米ニューヨークに本拠を置く国際的人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)」が11月22日、インドネシアの国軍と国家警察が新たに採用する女性に対し実施している「処女検査」の廃止を求める声明を明らかにした。

インドネシアでは1945年の独立後、新たに組織された陸海空の軍、警察が女性を採用する際の採用条件として「未婚である」とともに「性交未経験」を求めている。このため採用予定の女性に対し、処女であるか非処女であるかのいわゆる「処女検査」が義務化され、非処女は不採用とする内部方針が長らく続いていた。

ところが国際社会の批判などを受けて「すでに廃止した」と警察は言っている。だが内部情報や受験者の証言からは現在も続けられている可能性が極めて高いとHRWはみている。

警察側は「一般の身体検査の一環として性病の有無を検査する検査は実施している」と主張しているが、性病検査の具体的な方法については明言していない。

インドネシアはイスラム教を国教とはせず、他の宗教も認める多様な価値観の国家だが、人口の88%を占めるイスラム教の影響が色濃く、男性中心社会の名残も強く残されている。このため特に法執行機関である警察内部には「結婚前の性交は非道徳的であり、そうした未婚の性交経験者には売春婦も含まれている。そんな女性を警察官に採用する訳にはいかない」「処女検査の恐怖や痛みに耐えられないような女性は警察官として職務執行には不向きである」との考え方が根強く残っているという。

インドネシアでは国内の人権団体や女性保護団体が政権交代の度に「処女検査の廃止」を訴えてきたものの、これまで廃止が検討されたことはない。庶民派大統領として人気の高い現在のジョコ・ウィドド大統領も沈黙を守っており、インドネシア初の女性として大統領に就任したメガワティ・スカルノプトリ元大統領もこの問題に目を向けることはなかった。

指2本を挿入する検査

インドネシア軍、警察の「処女検査」はそれぞれの採用試験会場の一角に男性は一切立ち入りできない一角が設けられ、そこで実施される。内部では女性軍医や警察病院の女性医師が待ち構えており、就職希望の女性に下着を脱がせた上で、ゴム手袋の指を2本(人差し指と中指)膣内に挿入し、処女膜の有無を確認するという原始的な方法で行われるという。

ニュース速報

ワールド

原油先物は横ばい、サウジが市場で「責任ある役割」果

ビジネス

三菱重工株が一段安、MRJで債務超過の子会社に財務

ビジネス

野村HD、中国投資と1500億円規模のファンド設立

ビジネス

正午のドルは112円半ば、アジア株安で円堅調

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 9

    アマゾンなどに「フェイク・レビュー」、英消費者団…

  • 10

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月