最新記事

北朝鮮

北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約に必死か

2017年11月8日(水)11時00分
鈴木琢磨(毎日新聞社部長委員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

北朝鮮の首都ピョンヤンの夜景 Jason Lee-REUTERS

このところ弾道ミサイル発射などの軍事挑発をせず、沈黙を続ける北朝鮮だが、気になるニュースがあった。9月23日に米空軍のB1B戦略爆撃機とF15戦闘機が北朝鮮東方の国際空域を飛行した際、朝鮮人民軍の早期警戒レーダーが稼働していなかった可能性があるというのだ。韓国の国家情報院も朝鮮人民軍がスクランブルなどの対抗措置を取らなかった、と国会に報告している。筆者が注目したのは、その原因の一つが深刻な電力不足にあるのでは、との指摘である。

内部向けに危機感にじます演説

北朝鮮の電力が慢性的に逼迫(ひっぱく)しているのは何も新しい情報ではない。かつて米航空宇宙局(NASA)が公開した1枚の衛星写真に驚いたことがあった。夜の朝鮮半島、韓国が明るいのとは対照的に北朝鮮は真っ暗、わずかに平壌だけが光っていた。ご覧になった方も多いだろう。

この写真にうそは無いが、改善の兆しが無いわけではない。地方は今も停電しがちで、列車もよく止まるものの、平壌辺りの電力事情はかなり良くなっている。ホテルでも停電はまれで、金正恩朝鮮労働党委員長肝煎りのニュータウンである黎明通りなどの光輝く夜景は、胸を張って外国メディアに宣伝している。

だが、それはあくまで一部なのだろう。軍事上、極めて重要な「目」であり「耳」であるレーダーすら常時、稼働できていないとなると事態はかなり重大である。24時間体制で監視するレーダーはかなりの電力を消費するらしいが、優先されているはずの軍事部門での電力不足はそれこそ国家の危機に違いない。

そうした北朝鮮の電力状況がいかに深刻であるか、金正恩が幹部らに語った秘密演説文を入手した。

<電力問題は、経済強国建設で真っ先に解決しなければならない最も重要かつ切迫した問題です>

そう金正恩が単刀直入に語りだす演説は、朝鮮労働党出版社が刊行した緑色の表紙の冊子に19ページにわたって記されていた。タイトルは「電力問題を解決し、経済強国建設の突撃路を開こう」。演説は今年5月3日、党と国家経済機関の責任幹部に対して行ったとある。冊子は5月25日に発行されたが、党機関紙の労働新聞などのメディアでは一切報じておらず、内部学習用に作成されたのだろう。あまりにも率直に語ったためではないかとみられる。

自慢のニュータウンの夜景などを持ち出すこともなく、内部向けの演説では金正恩はありのままに語る。

<電力事情が切迫して生産に大きな支障をもたらし、人民の生活に不便を来しています。電力は生産であり、電力の増産は即、生産の成長といえるのです>

その経済建設の要であるはずの電力がどんな危機的状況なのかをこう語る。

<火力発電所と水力発電所で電力生産を増やせないでいる主たる原因は、石炭と水の不足にあります。内閣と石炭工業部門、鉄道運輸部門では火力発電用石炭の保障を、最優先的に力を入れ、石炭の予備を1週間分以上とすべきだとの偉大な将軍さま(金正日総書記)の遺訓を貫徹しなければなりません>

<当面の電力需要を保障するといって、補修の周期を守らず、発電設備を酷使させているが、これは科学技術を無視した先のことを考えない近視眼的な態度で、国の電力事情をより切迫させる行為です>

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落、米税制改革法案に懸念 大

ビジネス

米当局、仮想通貨に伴うリスク注視を=金融安定監督評

ワールド

ライアン米下院議長、18年中間選挙後の退任を検討=

ワールド

決裂したWTO閣僚会議、こう着打開の節目に=米US

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 8

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 9

    集団レイプで受けた心の傷から肥満に苦しむ女性の回…

  • 10

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月