最新記事

北朝鮮

北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約に必死か

2017年11月8日(水)11時00分
鈴木琢磨(毎日新聞社部長委員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

北朝鮮の首都ピョンヤンの夜景 Jason Lee-REUTERS

このところ弾道ミサイル発射などの軍事挑発をせず、沈黙を続ける北朝鮮だが、気になるニュースがあった。9月23日に米空軍のB1B戦略爆撃機とF15戦闘機が北朝鮮東方の国際空域を飛行した際、朝鮮人民軍の早期警戒レーダーが稼働していなかった可能性があるというのだ。韓国の国家情報院も朝鮮人民軍がスクランブルなどの対抗措置を取らなかった、と国会に報告している。筆者が注目したのは、その原因の一つが深刻な電力不足にあるのでは、との指摘である。

内部向けに危機感にじます演説

北朝鮮の電力が慢性的に逼迫(ひっぱく)しているのは何も新しい情報ではない。かつて米航空宇宙局(NASA)が公開した1枚の衛星写真に驚いたことがあった。夜の朝鮮半島、韓国が明るいのとは対照的に北朝鮮は真っ暗、わずかに平壌だけが光っていた。ご覧になった方も多いだろう。

この写真にうそは無いが、改善の兆しが無いわけではない。地方は今も停電しがちで、列車もよく止まるものの、平壌辺りの電力事情はかなり良くなっている。ホテルでも停電はまれで、金正恩朝鮮労働党委員長肝煎りのニュータウンである黎明通りなどの光輝く夜景は、胸を張って外国メディアに宣伝している。

だが、それはあくまで一部なのだろう。軍事上、極めて重要な「目」であり「耳」であるレーダーすら常時、稼働できていないとなると事態はかなり重大である。24時間体制で監視するレーダーはかなりの電力を消費するらしいが、優先されているはずの軍事部門での電力不足はそれこそ国家の危機に違いない。

そうした北朝鮮の電力状況がいかに深刻であるか、金正恩が幹部らに語った秘密演説文を入手した。

<電力問題は、経済強国建設で真っ先に解決しなければならない最も重要かつ切迫した問題です>

そう金正恩が単刀直入に語りだす演説は、朝鮮労働党出版社が刊行した緑色の表紙の冊子に19ページにわたって記されていた。タイトルは「電力問題を解決し、経済強国建設の突撃路を開こう」。演説は今年5月3日、党と国家経済機関の責任幹部に対して行ったとある。冊子は5月25日に発行されたが、党機関紙の労働新聞などのメディアでは一切報じておらず、内部学習用に作成されたのだろう。あまりにも率直に語ったためではないかとみられる。

自慢のニュータウンの夜景などを持ち出すこともなく、内部向けの演説では金正恩はありのままに語る。

<電力事情が切迫して生産に大きな支障をもたらし、人民の生活に不便を来しています。電力は生産であり、電力の増産は即、生産の成長といえるのです>

その経済建設の要であるはずの電力がどんな危機的状況なのかをこう語る。

<火力発電所と水力発電所で電力生産を増やせないでいる主たる原因は、石炭と水の不足にあります。内閣と石炭工業部門、鉄道運輸部門では火力発電用石炭の保障を、最優先的に力を入れ、石炭の予備を1週間分以上とすべきだとの偉大な将軍さま(金正日総書記)の遺訓を貫徹しなければなりません>

<当面の電力需要を保障するといって、補修の周期を守らず、発電設備を酷使させているが、これは科学技術を無視した先のことを考えない近視眼的な態度で、国の電力事情をより切迫させる行為です>

ニュース速報

ビジネス

アングル:トランプ氏、くるくる変わる「ドル発言」の

ビジネス

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標

ビジネス

トランプ米大統領、FRBの利上げを再度批判 「米国

ワールド

アングル:カジノ関連国内企業の動き活発化へ、IR法

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 5

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 6

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 7

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 8

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 9

    「性の喜び」ピークは64歳、90歳でも現役! その理…

  • 10

    世界で10万人以上が学んできた「先延ばし」克服の科…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 4

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 6

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月