最新記事

プロダクツ

「釘」をジュエリーに。カルティエのブレスレットは反骨のラグジュアリー

2017年9月18日(月)10時55分
写真:森山将人(mili) 文:森下隆太 ※Pen Onlineより転載

両端のディテールはまさに釘。それを現代的なデザインアプローチと職人技で巧みに表現することで、優雅さと力強さを高い次元で両立させています。

1847年の創業以来、王族や文士をはじめとする多くの紳士たちを魅了してきた「カルティエ」。名作といえば、フランスの芸術家ジャン・コクトーが小指につけていた3連リング「トリニティ ドゥ カルティエ」、創業者のルイ・カルティエ自らが愛したレクタンギュラー型の「タンク ウォッチ」、冒険家アルベルト・サントス=デュモンが空の旅をともにした「サントス ウォッチ」などが挙げられます。いずれも時代を超えて、紳士の腕元を華やかに彩ってきました。今回取り上げた「ジュスト アン クル」もそんな名作に挙げられるひとつ。釘をモチーフにしたこのジュエリーは、1970年代に登場。日用品を芸術品へと昇華させたデザインがいままたクリエイティブな人たちに注目され、より自由でより自分らしい装いを求める時代のムードの高まりとともに人気を博しています。

【参考記事】名作を巡る旅は、「トゥミ」のスマートな新作ギアとともに。
【参考記事】本物の価値を知る元サッカー日本代表・中田浩二が、「フェリージ」のバッグの魅力を語る。

201708cartier_khUJlQA.jpg

ブランドロゴの刻印など、非常に細かい部分まで手の込んだ作り。美しい鏡面仕上げで、エレガントかつ上品な光を投げかけてきます。

輝くゴールドで表現された、釘をぐいと曲げたようなフォルム。それは身を飾る宝飾でありながら、同時に"反骨精神"や"力強さ"を感じさせます。ジュエリーは繊細でなければならないという固定概念をひっくり返したのは、デザイナーのアルド・チプロ。カルティエ ニューヨークで数々のジュエリーを生み出した彼は、1970~80年代にかけて世界中のセレブリティを魅了したディスコ「スタジオ54」の自由なムードをこのデザインに投影。ラグジュアリーな遊び心あふれる逸品が誕生しました。

肌の露出が多くなるこの時期こそ、ワードローブに加えたくなる逸品。太すぎず華奢すぎない直径で、さりげなくラグジュアリーな雰囲気を醸すにはうってつけです。素材はともに純度の高いゴールドを使用。ホワイトゴールドのブレスレットにはロジウムコーティングを施し、光沢と輝きをプラスしています。たとえば、ストイックなモードルックにホワイトゴールドのブレスを合わせて、モダンなスパイスとして用いてもいいでしょう。ツイードのジャケットにタイドアップのようなクラシカルコーディネートには、イエローゴールドのブレスを合わせて、洒脱さを演出するのも一手。腕元にひとつあるだけで、装いを幾重にも洗練されたものへと昇華させてくれます。

ちなみに、世界最大のメンズ既製服見本市「ピッティウオモ」に集う紳士たちを見ますと、時計とブレスレットを重ねてつけるのが流行中。何本もジャラジャラとつけるというよりは、1本だけつけるのがトレンドです。ほんのり利かせるくらいのスタンスが、いまっぽい知的な色気を生み出してくれます。

【参考記事】【TRUME、時を刻むアナログの鼓動】Vol.1 針表現を追求した、ロマンの結晶。
【参考記事】インテリアバイヤー・大島忠智と考える、理想を叶える洗面空間づくり。

201708cartier_KHkCMDY.jpg

ブレスレットの真ん中の屈折部分。ほとんど継ぎ目がわからないようななめらかな曲線は、まさにクラフツマンシップの賜物。ハイジュエラーならではの意匠を感じられるポイントです。




カルティエ ジュスト アン クル ブレス

newsweek20170918152040.jpg【価格】写真上:¥793,800、写真下:¥847,800
【素材】ゴールド
【問い合わせ先】カルティエ カスタマー サービスセンター TEL:0120-301-757


※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。

PenOnline





ニュース速報

ワールド

米下院、大型農業法案を可決 フードスタンプ制度を変

ワールド

ルピアの年初来の下落、「耐えられる」=インドネシア

ワールド

英国、「無秩序な」EU離脱に向かっている=ドイツ産

ワールド

米下院、合法移民向けビザ削減法案を否決 一部共和党

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 7

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 8

    米国、不法移民の親子を一緒に収容へ トランプが大…

  • 9

    エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月