最新記事

ライフスタイル

新たなハイボールの楽しみ方を提案する、
「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が六本木ヒルズにOPEN!

PR

2017年9月13日(水)15時00分

「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」とクラフトハイボール

2017年9月24日までの期間限定コンセプトショップ「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が、六本木「ヒルズ カフェ/スペース」にオープンしました。

オープニングイベントには、俳優の北村一輝さんがゲストとして登場され、ジョニーウォーカーで作ったハイボール「アルティメットハイボール」を試飲。同じくジョニーウォーカーの「クラフトハイボール」を北村さんご自身で作って試飲され、その豊かなフレーバーを楽しんでいました。

もう一人のゲストが、世界のトップバーテンダーを決定する大会「ワールドクラス グローバルファイナル2015」の総合優勝した経歴を持つバーテンダーの金子道人さん。

johnniewalker_01.jpg

johnniewalker_02.jpg

johnniewalker_03.jpg

金子さんのアドバイスのもと、ジョニーウォーカーと「スモーキー」、「スウィート」、「ウッディ(樽香)」のフレーバーを引き立たせる副材料を使ってつくる「クラフトハイボール」を北村さんが作って、ご自身で試飲した感想は「この飲み方で味わうと、本来ジョニーウォーカーが持つ色々な味の深みを知ることができるのでとてもオススメです。味のバリエーションを楽しむことと、あとはかっこよく飲むことができるところもあり、かなりオススメです」。

johnniewalker_04.jpg


「ジョニーウォーカーハイボールスタジオ」で提供されるのは、「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」。2種類あるメニューのうち、「クラフトハイボール」は「スモーキーさ」、「甘み」、「樽香」を引き立たせるスパイスなどの副材料が用意されており、自分好みの味をイメージしながら材料を選び、グラスの縁に付け、ブラックラベルとソーダを注ぎハイボールを作る「クラフト体験」ができる。また、その工程を、卓上の撮影セットにてお客様のスマートフォンで撮影することも可能。撮影したムービーを特設サイトにアップロードすると、「Tastemade」のオリジナルムービーと組み合わせて「Tastemade」特製のムービーをSNS上でシェアすることも可能だ。

johnniewalker_a.jpg

johnniewalker_d.jpg

johnniewalker_e.jpg

さらにフードには「樽香」を際立たせるナッツ、「甘み」を引き立たせるチョコなど、スコッチ好きにはたまらない、ジョニーウォーカーの期間限定コンセプトショップ。ぜひ足を運んで、フレーバーの違い、そして自分だけのジョニーウォーカーを楽しんでみてはいかがだろうか。

johnniewalker_b.jpg

johnniewalker_c.jpg




■場所:ヒルズ カフェ(六本木ヒルズ内)
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズヒルサイド2階
■期間:9月7日(木)~9月24日(日)
■営業時間:平日17時〜23時、土日祝12時〜23時
      ※ラストオーダーは22時30分
■提供メニュー
 [ ドリンク ]
 ・ジョニーウォーカー アルティメットハイボール (税込500円)
 ・ジョニーウォーカー クラフトハイボール (税込500円)
 [ 主なフード ]
 ・nuts Tokyo (税込300円)
 ・ダンデライオン・チョコレート (税込1,200円)

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 7

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月