最新記事

ライフスタイル

新たなハイボールの楽しみ方を提案する、
「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が六本木ヒルズにOPEN!

PR

2017年9月13日(水)15時00分

「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」とクラフトハイボール

2017年9月24日までの期間限定コンセプトショップ「ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ」が、六本木「ヒルズ カフェ/スペース」にオープンしました。

オープニングイベントには、俳優の北村一輝さんがゲストとして登場され、ジョニーウォーカーで作ったハイボール「アルティメットハイボール」を試飲。同じくジョニーウォーカーの「クラフトハイボール」を北村さんご自身で作って試飲され、その豊かなフレーバーを楽しんでいました。

もう一人のゲストが、世界のトップバーテンダーを決定する大会「ワールドクラス グローバルファイナル2015」の総合優勝した経歴を持つバーテンダーの金子道人さん。

johnniewalker_01.jpg

johnniewalker_02.jpg

johnniewalker_03.jpg

金子さんのアドバイスのもと、ジョニーウォーカーと「スモーキー」、「スウィート」、「ウッディ(樽香)」のフレーバーを引き立たせる副材料を使ってつくる「クラフトハイボール」を北村さんが作って、ご自身で試飲した感想は「この飲み方で味わうと、本来ジョニーウォーカーが持つ色々な味の深みを知ることができるのでとてもオススメです。味のバリエーションを楽しむことと、あとはかっこよく飲むことができるところもあり、かなりオススメです」。

johnniewalker_04.jpg


「ジョニーウォーカーハイボールスタジオ」で提供されるのは、「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」。2種類あるメニューのうち、「クラフトハイボール」は「スモーキーさ」、「甘み」、「樽香」を引き立たせるスパイスなどの副材料が用意されており、自分好みの味をイメージしながら材料を選び、グラスの縁に付け、ブラックラベルとソーダを注ぎハイボールを作る「クラフト体験」ができる。また、その工程を、卓上の撮影セットにてお客様のスマートフォンで撮影することも可能。撮影したムービーを特設サイトにアップロードすると、「Tastemade」のオリジナルムービーと組み合わせて「Tastemade」特製のムービーをSNS上でシェアすることも可能だ。

johnniewalker_a.jpg

johnniewalker_d.jpg

johnniewalker_e.jpg

さらにフードには「樽香」を際立たせるナッツ、「甘み」を引き立たせるチョコなど、スコッチ好きにはたまらない、ジョニーウォーカーの期間限定コンセプトショップ。ぜひ足を運んで、フレーバーの違い、そして自分だけのジョニーウォーカーを楽しんでみてはいかがだろうか。

johnniewalker_b.jpg

johnniewalker_c.jpg




■場所:ヒルズ カフェ(六本木ヒルズ内)
    東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズヒルサイド2階
■期間:9月7日(木)~9月24日(日)
■営業時間:平日17時〜23時、土日祝12時〜23時
      ※ラストオーダーは22時30分
■提供メニュー
 [ ドリンク ]
 ・ジョニーウォーカー アルティメットハイボール (税込500円)
 ・ジョニーウォーカー クラフトハイボール (税込500円)
 [ 主なフード ]
 ・nuts Tokyo (税込300円)
 ・ダンデライオン・チョコレート (税込1,200円)

ニュース速報

ワールド

米下院、大型農業法案を可決 フードスタンプ制度を変

ワールド

ルピアの年初来の下落、「耐えられる」=インドネシア

ワールド

英国、「無秩序な」EU離脱に向かっている=ドイツ産

ワールド

米下院、合法移民向けビザ削減法案を否決 一部共和党

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 2

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 5

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 6

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 7

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 8

    米国、不法移民の親子を一緒に収容へ トランプが大…

  • 9

    エリザベス女王の従弟が英国王室初の同性婚へ 実娘…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 9

    新しい音楽を楽しめるのは30歳まで?

  • 10

    キモかわいい! 「人間」すぎる人面犬にネットが大…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月