最新記事

サウジアラビア

大巡礼ハッジで贅沢三昧? 聖地メッカのリゾート化に批判の声

The Growing Luxury and Controversy of Hajj

2017年8月31日(木)17時42分
トム・オコナー

ハッジの期間中、大モスク近くのショッピングモールで買い物する巡礼者 Muhammad Hamed- REUTERS

<すべてのイスラム教徒が平等になる大モスクの周辺は最高級ホテルやモールなど不動産開発ブーム。裏には、巡礼や観光で原油に代わる収入を得たいサウジの思惑が>

イスラム教で年に1度の大巡礼ハッジが8月30日に始まった。9月4日までの期間中、200万人近い信者が世界各地から聖地メッカのあるサウジアラビアを訪れる。メッカの大モスク巡礼中は、すべてのイスラム教徒が平等になる。男女が同じ場所で祈れる世界でも数少ないモスクの1つだ。

だが聖地を一歩出ればそこは、王族から一文無しまで不平等な世界。なかでも近年目立つのは、大モスクから目と鼻の先の最高級ホテル開発と、そのための史跡破壊だ。

サウジアラビアは、年に1度の巡礼で贅沢三昧できる富裕層向けのオプションを多数用意している。英BBCによれば、巡礼者向けパッケージツアーを専門に扱う旅行会社は毎年ハッジで莫大な利益を出し、サウジアラビア政府も年100億ドル程度(2015年)の収入を得る。原油価格の下落で産油国としての将来に不安が広がるなか、同政府は収入源を多様化する方法として、観光や巡礼の将来性に大きな期待を寄せているのだ。

あるハッジ専門会社が扱ういちばん高いパッケージツアーは2週間で1人1万1500ドル。ニューヨークからサウジアラビア西部の都市ジッダまでの往復航空券、メッカにある5つ星ホテル「モーベンピック・ホテル」6泊、もう一つの聖地メディナにある4つ星ホテル「ダラー・タイバー・ホテル」4泊、メッカ近くの町ミナやアラファト山での巡礼キャンプ、冷暖房付きバス、荷物の持ち運びサービスなどが含まれている。

(聖地を見下ろすMecca Clock Royal Tower)


「世界最大のホテル」建設再開

大モスク周辺には、インターコンチネンタル・ダル・アル・タルヒードや、ラッフルズ・メッカ・パレス、メッカ・クロック・ロイヤル・タワーなどの最高級ホテルが並ぶ。宿泊客はスパや高級レストラン、聖地の景色を堪能でき、宿泊料は1泊につき数百ドルだ。

(Raffles Mecca Palace)


サウジアラビアの建設会社サウジ・ビンラディン・グループは今、大モスクから1ブロックしか離れていない場所で、原油安などで中断していた世界最大のホテル「アブラジ・クダイ」の建設を再開した。英紙ガーディアンによれば、45階建ての巨大ホテルには12の塔があり、1万室の客室と70のレストラン、5つの屋上ヘリポートを完備する。5つのフロアはサウジ王室専用だという。

(世界最大のホテルAbraj Kudai)


もっとも、過剰に華美さを求める傾向には批判の声も上がっている。大モスクの周囲には、高級ホテルだけでなく、有名ブランドからファーストフードチェーンまでの店舗を集めた巨大ショッピングモールが建っている。メッカの歴史的な街並みの大部分は、こうした不動産開発のために破壊された。

ニュース速報

ワールド

OPEC、日量100万バレルの小幅増産で合意 7月

ビジネス

ルノーによる三菱自・日産の「完全子会社化はゼロ」=

ビジネス

TLTRO早期償還はわずか=ECB

ワールド

不法移民の子供、親と一緒でも拘束避けるべき=国連人

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 2

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 3

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 4

    高級ミニバン決戦 エルグランドvs.アルファード・ヴ…

  • 5

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 6

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月