最新記事

中東

改革はどこへ?覆面の「道徳ポリス」7000人が市民を監視するイラン

2月の総選挙では改革派が勝利したのに、警察が潜入して市民を見張る強硬路線も健在

2016年4月20日(水)20時07分
ジャック・ムーア

抑圧の道具 イランでは保守的な服装を好まない女性が増えてきた Raheb Homavandi/TIMA-REUTERS

 イランの警察が7000人の覆面捜査官を首都テヘランの街中に潜ませ、市民の道徳違反行為に目を光らせている。取り締まるのは、女性のベール使いや反社会的行為などの犯罪だ。テヘランの警察署長フセイン・サジェディニアが18日、イラン司法府公認のニュース機関ミザン・オンラインに語った。

 AFP通信によれば、「覆面捜査官たちは普段見逃されている犯罪に取り組む」と語った警察署長。「ヒジャブ(髪の毛を隠すスカーフ)が正しくなかったり、車の中でベールを脱いだり、あるいは無謀な運転、女性に対する嫌がらせ、騒音といった問題を優先する」という。

【参考記事】同性愛の客室乗務員がなぜ、同性愛は死刑のイランに飛ばなければならないのか

 覆面捜査官たちは、直接その場で取り締まるのではなく、車のナンバーを記録して警察にテキストメッセージを送り、それに基づいて警官が動く。

 イランでは女性のヒジャブ着用が義務付けられており、1979年の革命以来、イラン指導部は国民に保守的な理想を押し付けようとしてきた。しかし、一部の女性たち――特に都市部の女性――は今や、ゆったりとしたスカーフで着飾り、保守的な服装を避けるようになっている。国の宗教権威が許容する範囲も徐々に緩んできていた。

【参考記事】服装の悲劇に泣いたイランのなでしこ

 中央アジアで放送されているラジオ局「自由欧州放送」によれば、国の干渉が強まったことに対し、イラン国内外のイラン人がソーシャルメディア上で非難の声を挙げている。「ビッグブラザーが見ているぞ!」という書き込みや、「過剰な取り締まりが不安定化をもたらす」と示唆したものもあった。

 2月に実施された総選挙では、ハサン・ロウハニ大統領率いる改革派勢力が勝利し、イランで改革が進む兆しはあった。改革を後押しするのは意欲的な若者たち。イランでは人口8000万人弱の約60%が30歳以下だ。保守派と改革勢力の小競り合いから目が離せない。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京都内で188人の感染確認

ワールド

フィリピン大統領、ロシアのコロナワクチンに「多大な

ワールド

EU、新型コロナでプラごみ増加リスクも=欧州委員

ビジネス

貨物船座礁の商船三井、業績への影響「適時開示が必要

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月