最新記事

感染症対策

欧州はワクチンパスポートなしではカフェにも入れず スイスも16歳以上に提示義務化

2021年09月22日(水)19時12分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

写真はドイツで使われているワクチンパスポート REUTERS

<ドイツ語圏では3Gと呼ばれるワクチンパスポートを導入。接種を受けない人は日常生活に制限を受けることに──>

新型コロナウイルスのデルタ株が広がるヨーロッパにおいて、飲食店や文化施設などに入る際の、いわゆる「ワクチンパスポート」の提示義務化が広まっている。各国によって適用範囲は多少異なるものの、イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、オーストリアなどが実施している。イギリスのイングランド地方では9月末から提示が導入される予定だったが、見送りになった。一方、スイスでは、9月13日から提示義務化が始まった

newsweek202109221901.jpg「屋外席なら、証明書なしでご利用いただけます」と掲げるチューリヒ近郊のビストロ (筆者撮影)
 

証明書提示の違反には、罰金

ワクチン接種証明、感染後に回復したことを示す証明、検査の陰性証明を指す「ワクチンパスポート」は、ドイツ語圏では「グリーンパス」と呼び、その所持者を「3G」と呼ぶ。3Gはワクチン接種済の人、感染して回復した人、テストで陰性だった人を表すドイツ語geimpft、genesen、 getestetの各頭文字Gを取っている。

スイスにおいて、3Gであることを印刷した紙やスマートフォンなどで入り口にて見せなくてはならないのは16歳以上で、飲食系の屋内、文化・スポーツ系施設の屋内、そして屋内のイベント、千人を超える屋外イベントだ。職場での3G提示は義務ではないが、雇用者が求めてもよいことになった。大学などの高等教育機関は各州や各機関が決める。3Gルールの実施期間は2022年1月24日までの4カ月間で、医療施設の状況が改善されれば早期に解除になる。

接種(無料)はせず、検査の陰性証明の取得を希望する人は、10月1日以降、検査費用は自己負担になる(症状がある人の検査費用は引き続き無料)。

本ルールに違反した個人は、約1万2千円の罰金が科せられる。違反した施設やイベントには、罰金が科せられたり、閉鎖を命じられることもある。コントロールは各州が行う。

ワクチン接種をする人が再び増加

3Gルールによりワクチン接種を強化しようという政府のねらいは、国民の行動にすぐに反映した。スイスでは、夏休み前に接種が急増し8月以降は一定の水準を保っていたが、3Gルール義務化開始の前週から接種を希望する人が増えたのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

仏消費者信頼感指数、10月は99に低下 物価上昇を

ビジネス

オープン外債に慎重、円金利資産減少 超長期債は購入

ビジネス

ユーロ圏企業向け融資、9月は伸び加速 なおコロナ前

ワールド

香港議会、映画の検閲強化する条例可決 「国家の安全

RANKING

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグ…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 3

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 4

    「子育て」に氾濫するバイアスを排除する方法

  • 5

    世界一過保護な国アメリカでは、日本の親は全員ネグ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売