最新記事

不適切発言

「不適切発言をしたらクビ」が常識の、昨今のハリウッド事情

2021年02月15日(月)17時30分
猿渡由紀

「マンダロリアン」のプレミアでポーズするジーナ・カラーノ REUTERS/Mario Anzuoni/

<ディズニープラスの「マンダロリアン」に出演するジーナ・カラーノが、SNSへの不適切な投稿で契約解除された。「#MeToo」以降、ハリウッドは大きく変化した...... >

女性蔑視発言をきっかけに、五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗会長の辞任までのすっきりしない様子は、アメリカまで伝えらることになったが、ハリウッドでは、問題発言を行ったセレブがまたもやあっさりと契約解除された。

今回の人物は、Disney+ (ディズニープラス)の「マンダロリアン」に出演するジーナ・カラーノ。ハリウッドでは少数派の共和党支持者であるカラーノは、現在共和党支持者が置かれている状況をナチ支配下のユダヤ人に喩えるコメントをインスタグラムに投稿したのだ。

それを見た人からは、大量虐殺がなされたホロコーストと政治的分断を一緒にするのは不適切だとする意見が多数上がり、「#FireGinaCarrano」(ジーナ・カラーノをクビにしろ)のハッシュタグが飛び交うようになった。ディズニー傘下のルーカスフィルムもこのコメントに嫌悪感をもち、すぐさまカラーノを「マンダロリアン」の契約を解除したのである。

差別発言をしたらクビ、は近年のハリウッドでは常識

カラーノは、以前から、コロナ対策でマスクを着ける人たちやトランスジェンダーの人たち、また「Black Lives Matter」運動の参加者たちをバカにし、差別するコメントをソーシャルメディアに投稿してきた。そのことに頭を抱えてきたディズニーとルーカスフィルムは、今回の投稿で、まさに堪忍袋の尾が切れたというわけだ。

カラーノは、これから製作される「マンダロリアン」第3シーズンにも登場するはずだったし、さらには彼女を主人公にした新たなシリーズが作られる計画もあったようだが、それらはすべて立ち消えてしまった。この展開を受けて、カラーノが所属していた大手タレントエージェンシー、UTAも、彼女との契約を打ち切っている。

問題発言、とりわけ差別発言をしたらクビにされるというのは、近年のハリウッドで、もはや常識。大物スターであっても、主役であっても、容赦はない。

たとえば、2018年には、当時トップの視聴率を誇っていたコメディ番組「Roseanne」から、主役でプロデューサーのロザンヌ・バーがクビにされた。トランプ支持者であるバーは、かつてオバマのアドバイザーを務めた黒人女性に対する人種差別コメントをツイートしたのである。主役がいなくなったことで番組は打ち切りになったが、巻き添えを食った共演者たちはバーのキャラクターを死んだことにして番組を続けたいと主張し、見事、実現させた。主人公のロザンヌがいないので、タイトルは「The Conners」(コナー一家)に変更され、今も続いている。

ニュース速報

ビジネス

東南アジア配車大手グラブ、SPACと合併 過去最大

ビジネス

独ZEW景気期待指数、4月は70.7 封鎖懸念で予

ワールド

米国は台湾巡る「火遊び」やめよ、中国外務省が米指針

ワールド

ロが米軍艦派遣に警告、クリミアから離れているのが「

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    一日10食、20キロ増......「美しく」なりたいアフリ…

  • 3

    外食が減った今こそ読みたい「家庭料理人」の料理本…

  • 4

    アジア系へのヘイトクライム急増、女性誌編集長のア…

  • 5

    誰が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか

  • 1

    アメリカの大学生が選ぶ、年収に直結する学部とは?

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    外食が減った今こそ読みたい「家庭料理人」の料理本…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    誰が歌姫ブリトニーを追い詰めたのか

  • 3

    アメリカの大学生が選ぶ、年収に直結する学部とは?

  • 4

    警官として助けた女の子を家族として愛するまで

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売