最新記事

SNS

死産の経験をシェアした芸能人を叩く人たちが知らない事実

Helping Grieving Parents

2020年11月04日(水)17時00分
ラチェル・ハンプトン

テイゲンが公表した病院での写真 COURTESY OF INSTAGRAM CHRISSY TEIGENーSOCIAL MEDIAーREUTERS

<妊娠喪失は決して珍しいことではない。新生児の160人に1人は死産とされるのに、それがオープンに語られることはない...>

アメリカ屈指のソーシャルメディア・インフルエンサーとして多くの話題を振りまいてきたモデルのクリッシー・テイゲン。彼女のインスタグラムは通常、夫のR&B歌手ジョン・レジェンドと2人の子供たちとのハッピー&ゴージャスな写真でいっぱいだ。

ところが9月末、明らかに雰囲気の異なる白黒写真が投稿された。5枚つづりの1枚目は、テイゲンが病院のベッドに座り、祈るような姿勢で涙を流している写真。そして4枚目は、ベッドに横になったテイゲンが、ブランケットに巻かれた小さな塊を抱き、レジェンドがテイゲンの肩にキスをしている写真だ。

「私たちはショックを受け、これまでに経験がないほど深い苦痛の中にいます」と、テイゲンは書いている。「何袋もの輸血をしたけれど、足りなかった。......私たちのジャックへ。人生の最初の瞬間に、こんなに多くの困難が重なってしまって心から残念です。あなたに居場所を与えてあげられなくて、ごめんなさい。いつまでも愛しています」

インスタグラムには追悼のコメントがあふれたが、その一方で、こんな悲劇的な出来事を写真で記録し、世界にシェアするなんて、と非難めいたコメントも寄せられた。

妊娠喪失は決して珍しいことではない。一般に妊娠の10〜25%は流産に終わり、新生児の160人に1人は死産とされる。ただ、それがオープンに語られることはなく、経験者は悲しみと孤独の両方にさいなまれることが多い。

意外に多い撮影希望者

テイゲンへの非難の大合唱を見れば、妊娠喪失を経験した人たちが、それを話したくない理由がよく分かる。だがシェアしなくても、その悲劇を写真で記録しておきたいと願う親は意外に多い。

「ぞっとすると言う人もいるが、そんな人は死産を経験した親にとって、その子の写真を残せるのは今しかないと分かっていない。自分はわが子の成長を生涯にわたって写真で記録するくせに」と、ニューヨークを拠点とする写真家ドーン・マコーミックは語る。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、就任初日に多数の大統領令に署名 パリ協

ビジネス

次期米財務長官候補イエレン氏、ドル安目指さないと明

ワールド

バイデン氏のコロナワクチン投与目標、達成可能=ファ

ワールド

次期米大統領、就任初日にパイプランの認可取り消しへ

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 3

    孤独と脳の関係──想像を司る部分が発達、認知症リス…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!