最新記事

新商品

これが未来の飲み方? 容器ごと食べるウイスキーは地球を救う役には立たない

What, and Why, Is a Whisky Pod?

2019年11月12日(火)17時30分
シャノン・パラス

見た目はまるでカプセル入り洗剤の「グレンリベット・カプセルコレクション」 THE GLENLIVET WHISKY/YOUTUBE

<海藻由来の一口大のカプセルが注目されるが総じて環境に優しいかどうかは不明>

見た目は甘いゼリーか、カラフルなカプセルに入った液体洗剤だが、ウイスキーポッドはれっきとしたカクテル。スコッチウイスキーの老舗グレンリベットがイべントで「グラス不要のカクテル」として発表したもので、海藻由来の一口サイズのポッド(カプセル)にウイスキー・べースのカクテルが入っている。でも、なぜ?素朴な疑問にお答えしよう。

■中身を飲み干した後のポッドはどうするのか?

記者発表によれば「一緒に飲み込めばいい」そうだ。

■誰でも買える?

残念。10月4〜13日に開かれたロンドン・カクテルウイークでの限定リリースで、発売の予定は不明だ。

■1回の適量は?

ポッド1個に含まれるカクテルは23ミリリットル。しかもカクテルだからストレートのウイスキーより薄い。ウイスキー1杯分の酔い心地になるには、ポッドをいくつか「食べる」必要がありそう。ちなみにフレーバーは「シトラス」「ウッド」「スパイス」の3種類。

■いったい誰が考えた?

ポッドを開発したのはノットプラ(「プラスチックにあらず」の意)という新興企業で、数年前からカプセルタイプの飲料水を作っている。4月のロンドン・マラソンでは同社のポッドに詰めたスポーツドリンクが配られた。

■どうやって液体をポッドに閉じ込める?

何年か前のポピュラー・サイエンス誌で、ある女性が似たような可食性の容器に飲料水を詰める方法を紹介していた。彼女によれば、海藻由来の成分と水を混ぜ、それを塩の一種が入った溶液に垂らすと、液体の周囲に膜ができて容器代わりになる。ただし、できた容器の舌触りは悪かったという。

ニュース速報

ワールド

米中が「第1段階」通商合意、関税発動猶予 米農産物

ワールド

米中の「第2段階」通商合意、複数回に分割も=米財務

ワールド

北朝鮮、衛星発射場で再び実験 米に対抗し「新兵器開

ワールド

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニテ

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    104歳にして狩猟免許を初取得したスーパーおばあちゃ…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 3

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    犬でも猫でもげっ歯類でもOK ペットのフリーズドラ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!