最新記事

父娘

運命の巡り合わせ──亡き父の携帯番号にメッセし続けた女性に驚きの返信が

2019年11月07日(木)17時30分
松丸さとみ

4年間、メッセージを送り続けていたが...... Bhupi-iStock

<父親のように親しんでいた男性の携帯電話に、4年間、メッセージを送り続けていた女性の元に、ある日、驚きの返信が届いた......>

4年間毎日、日々の出来事を送り続けた

まるで父親のように親しんでいた男性が亡くなって以来、男性の携帯電話に4年間、日記のようにメッセージを送り続けていた女性の元に、ある日、驚きの返信が届いた。女性がフェイスブックに投稿し、世界中から「いいね」などのリアクションと、「涙が止まらない」などのコメントが集まっている。

米アーカンソー州在住のチャステティー・パターソンさん(23)は、実の父親のように慕っていた男性が2015年に亡くなって以来、毎日のように男性の携帯電話にテキスト・メッセージを送っていた。内容はたわいのない、日々の出来事をつづった日記のようなものだった。しかし4周忌に長めのメッセージを送ったところ、なんと返事が来た。パターソンさんが毎日メッセージを送っていた相手は、偶然にも5年前に交通事故で娘を亡くした男性だった。

ニューヨーク・ポストによると、パターソンさんが生まれてからずっと親しくしていた、父親のような存在だった男性はジェイソン・リーゴンさんという人だった。パターソンさんが英デイリーメールに話したところによると、学校の行事にも参加してもらったし、彼氏ができた時には紹介もしたという。本物の父親のように、長話もよくしていたとパターソンさんは当時を振り返る。

パターソンさんはリーゴンさんに何でも打ち明けたし、幸せとは何かをリーゴンさんから学んだとデイリーメールに話している。自分にとっての父親像だったというだけでなく、地元の子どもたちみんなのロールモデルのような存在だったという。

「あなたからのメッセージで生きながらえた」

パターソンさんは、リーゴンさんの4周忌の前夜である10月25日、リーゴンさんの携帯電話だった番号にいつものようにテキスト・メッセージを送った。「お父さん、私よ」から始まる長いメッセージの中には、「あなたがいなくなって4年だけど、会いたいと思わない日は1日もない」とつづられている。

4年間一方的に送り続けたメッセージだったが、なんとこの日は返事が来た。相手は、ブラッドという名の男性だった。

「ハーイ、愛しい人。私はあなたの父親ではないけれど、ここ4年間ずっと、あなたのメッセージをすべて受信していました。朝のメッセージと夜の近況報告を心待ちにしています。私はブラッドという名前で、2014年8月に娘を自動車事故で失いました。でもあなたからのメッセージのおかげで、私は生きながらえることができました。あなたからのテキスト・メッセージが来ると、神様からのメッセージだというのが私には分かります」とブラッドさんは書いている。

ニュース速報

ワールド

フィリピン、新型コロナの新規の死者が過去最多に

ビジネス

日経反発し493円高、ソニーは続騰し19年ぶり高値

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに119人の感染確認=小

ワールド

インタビュー:東京五輪は来年開催すべき、難局克服の

RANKING

  • 1

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    ビーチでトップレス姿が減少、その理由とは

  • 1

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 5

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!