最新記事

アントレプレナー

地球に優しい「インディゴブルー」の作り方 女性起業家が描く20年後の世界とは

Making Blue Jeans “Green”

2019年10月26日(土)14時30分
ニューズウィーク日本版編集部

共同創業者のタミーとミシェル COURTESY OF TINCTORIUM

<環境負荷を減らすバイオ技術で消費者の意識改革を目指す>

ミシェル・チューとタミー・シュイの女性コンビが創業した米新興企業ティンクトリウムは、デニム製造を環境に優しいビジネスに変えようとしている。有毒な化学物質の代わりに砂糖を使ってインディゴブルーの染料を作るバイオ技術を武器に、「グリーン(環境に優しい)・ジーンズ」ときれいな地球をつくるアイデアだ。マヤ・ページとローレン・バレットが2人に話を聞いた。


――あなたたちが目指すのは?

ミシェル 色を作り出す方法を変えること。インディゴの製造における石油などの有毒な化学物質の使用をなくし、それをあらゆる染料に広げていきたい。

――これまでの経歴や経験が起業につながった部分はあるか。

タミー 私はもともとバイオエンジニアリングが専門で、細胞機能を調べるとともに人間にとって有用なものを作らせる方法を研究していた。カリフォルニア大学バークレー校の研究室にいたときには、細胞内の興味深い活動に印を付けるのにインディゴを使っていた。インディゴの生合成について調べるうちに、繊維製品の染料の持続可能性につながるヒントがたくさんあることに気が付いた。

ミシェル 私自身のビジネスの経験に加え、実家はデニム関係の商売をやっていた。

jeans02.jpg

新技術で染めた糸を使った製品 COURTESY OF TINCTORIUM

【参考資料】私たちが大好きなジーンズは、東南アジアの劣悪な環境で作られている

ニュース速報

ワールド

WHO、コロナワクチン候補臨床試験の暫定結果を2週

ワールド

カナダ首相、新貿易協定巡る来週の訪米未定 新たな関

ワールド

世界の新型コロナ感染者、1100万人を突破=ロイタ

ワールド

ウルグアイのコロナ対応に高評価、ブラジルは最下位=

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!