最新記事

動物

自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種を超えた絆とその幸福度

Disputing “Grumpy Cat”

2019年10月15日(火)16時35分
カシュミラ・ガンダー

woman191015-cat-top01.jpg

FTIARE/ISTOCKPHOTO

飼い主も学べることがありそうだ。「ネコたちは飼い主を安全と安心の源と見なしている」と、ビターレは言う。「ストレスのかかる状況に置かれたときに飼い主がどう対応するかは、ネコたちの行動に直接的な影響を及ぼす。それを忘れないでほしい。ストレスの強い状況では、ネコを慰め、安心させる接し方を心掛けるべきだ」

ただし、カリフォルニア大学デービス校のミケル・デルガド研究員(ビターレらの研究には関わっていない)によれば、この研究の結果を一般化するわけにはいかない。「実験の結果は、それぞれのネコの性格に左右される」からだと、デルガドは本誌に語っている。

この研究結果は、ネコが飼い主に対して感情を抱けることを意味しているのか。「ネコはイヌとも人間とも違う。イヌや人間と同じように行動すると決め付けるべきではない」と、デルガドは言う。「それでも、ネコが人間に対して愛情や愛着を示す場合があることは間違いない。 ネコはなじみのある場所で過ごすことを好むので、自宅でのネコの態度を見れば、ネコにどう思われているかが分かる」

イヌは飼い主に似るというが、ネコもそうかも。

【参考記事】イヌは人間の心を動かす表情を進化で獲得した......ではネコは?


20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。

[2019年10月15日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米中が「第1段階」通商合意、関税発動猶予 米農産物

ワールド

米中の「第2段階」通商合意、複数回に分割も=米財務

ワールド

北朝鮮、衛星発射場で再び実験 米に対抗し「新兵器開

ワールド

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニテ

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    104歳にして狩猟免許を初取得したスーパーおばあちゃ…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 3

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    犬でも猫でもげっ歯類でもOK ペットのフリーズドラ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!