最新記事

CBD

実は効果は科学的に解明できていない──大麻よりやさしいCBDという熱狂

HIGH ON THE HYPE

2019年10月29日(火)17時55分
デービッド・フリードマン(ジャーナリスト)

写真はイメージ LARISA SHPINEVA-iStock

<アメリカで大流行の兆しがある麻の成分入りのさまざまな商品。急がれるのは臨床試験による効能の実証と品質管理の徹底だ>

ジョナサン・ドゥーチェ(54)は地元の米マサチューセッツ州ウォルサムにある酒店ディオンズに入った。そしてワインやビールに目もくれず「グミ」の売り場へまっしぐら。25個入りで価格は69ドル。フランス産ワインより高いが、仕方がない。これを食べれば、妻はよく眠れるのだから。

このグミ、ただのお菓子ではない。植物の麻に含まれる化学物質カンナビビジオール(CBD)が、1粒に30ミリグラムも入っているのだ。ディオンズがCBD商品を扱い始めてから半年もたっていないが、今では客の15人に1人がCBD目当てだという。

ローションなどの塗るタイプから吸引するものまで、商品は30種類ほどあるが、「グミが1番の売れ筋」だと、販売員は言う。ドゥーチェ自身のお気に入りは軟こうで、首に塗ると仕事のストレスが和らぐそうだ。「数カ月前に産地直売マーケットでCBDを見つけた」と、彼は言う。合成品の「処方薬より植物のほうが安心だ」。

今ではドラッグストア大手のCVSやウォルグリーンズ、大手スーパーのクローガーなどもCBDを扱っており、ウォルマートも続くといわれている。ビッグフード・アンド・ビバレッジはCBD入りのアイスクリームやビールの販売を計画。市場調査会社のブライトフィールド・グループは、現状で6億ドルのCBDの市場規模が2023年までに237億ドルに拡大すると見込む。

cbd04.jpg

CBDエキスポで提供されたCBD入りアサイードリンク  SIMON DAWSONーBLOOMBERG/GETTY IMAGES

わずか3年前、大半のアメリカ人はCBDという言葉も知らなかった。しかしギャラップ社の調査によれば、今ではアメリカ人の3人に2人が知っている。しかも7人に1人は痛みや不安の軽減、あるいは安眠のために市販のCBDを使っている。気分の落ち込み、筋肉のけいれん、消化不良、皮膚疾患の緩和に使う人もいる。ぺットの飼い主の3人に1人が、犬や猫にCBDを与えているという報告や、癌やアルツハイマー病、パーキンソン病に効くという説もある。

cbd03.jpg

サマンサ・ブラウンの娘カイリー(5)はカンナビスのオイルを飲んで発作を防いでいる DEREK DAVISーPORTLAND PRESS HERALD/GETTY IMAGES

ニュース速報

ビジネス

中国、米国産大豆・豚肉の一部の輸入関税免除へ=財政

ビジネス

イタリア経済、目先は軟調な局面が続く見通し=国立統

ビジネス

中国、現地生産のテスラ車に新エネ車向け補助金の支給

ワールド

北朝鮮、来年から医療ツーリズム提供へ 中国観光客の

RANKING

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 5

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    ナイキ運営チームが潰した「アメリカで一番足が速い…

  • 3

    被害者であることを武器にする「#MeTоо」は不快 「…

  • 4

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!