最新記事

トレンド

都会は屋上産で地産地消 ブルックリン発「ルーフトップ・ハニー」はいかが?

ATasteofRooftopHotelHoney

2019年09月30日(月)16時00分
ダニエル・エーブリー

OLENA SAKHATSKA-iStock

<屋上養蜂に取り組むレストランの独特の料理が話題に。ブルックリンの高級ホテルが目指す究極の地産地消>

「農場から食卓へ」型の地産地消の食材を求める昨今のグルメ。彼らの間で話題になっているのが高級ホテル、ニューヨーク・マリオット・アット・ザ・ブルックリン・ブリッジにあるレストラン「グレートルーム・バー&ラウンジ」だ。

同ホテルの屋上には、ミツバチ約2000匹のすみかである巣箱が2つ。グレートルームでは、ここで採れた「ルーフトップ・ハニー」を使った独特の料理やカクテルを楽しめる。

honey01.jpg

エレガントな「グレートルーム」 NEW YORK MARRIOTT AT THE BROOKLYN BRIDGE

同店のドミニク・ディナポリ上級副料理長は2017年、地元ブルックリンの養蜂家アンドルー・コートの協力を得て巣箱を設置した。以来、屋上産の純粋ハチミツを素材に、ハニー風味タイ風チリソース添え手羽フライや、ハチミツとピーチ入りホワイトサングリアなど、多彩なメニューを送り出している。

純粋ハチミツの健康効果は計り知れない。抗酸化作用があり、悪玉コレステロールや中性脂肪のトリグリセリドを減らし、炎症を抑えることが分かっているほか、血圧や心疾患リスクを下げる効果を示唆する研究もある。

【参考記事】パリに開店した3ツ星シェフの「無料レストラン」にボランティアとして潜入したら...

ディナポリは、同じくニューヨークにあるウォルドーフ・アストリア・ホテルで働いていた当時、敷地内に巣箱を設置したこともある。ミツバチは「持続性への真の貢献者」であり、世界各地で相次ぐミツバチの大量失踪現象に立ち向かうとともに、 ハチが支える受粉システムを守るためにやれることをしたいと願っているという。

honey02.jpg

屋上でハチミツを採取 NEW YORK MARRIOTT AT THE BROOKLYN BRIDGE

honey03.jpg

ショップでは瓶詰で販売 NEW YORK MARRIOTT AT THE BROOKLYN BRIDGE

「私たちは事業者として、常に地元への還元を意識している。(養蜂ほど)地域に密着した在り方はない」と、ディナポリは本誌に語った。「この新鮮な黄金色の自然素材を独創的に用いる手法を編み出してきた」

ホテル内のショップでは、瓶詰にした屋上産ハチミツも販売。建物の4階には観察スポットが設けられ、ガラスの仕切り越しにミツバチの活動を見守ることができる。

巣箱の設置はブルックリンらしさをたたえる取り組みの一環だと、総支配人のサム・イブラヒムは言う。

「当ホテルは地元に溶け込み、ゲストに最高のブルックリン体験を提供している。地元産ハチミツの生産は、ブルックリンに根差す姿勢の究極の形だ」

ニュース速報

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

ワールド

仏新首相にカステックス氏、マクロン大統領再選見据え

ワールド

ゴーン被告「逃亡劇映画化も」、ジェット会社幹部が法

ワールド

米、南部中心にコロナ感染拡大継続 マイアミで夜間外

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!