最新記事

犯罪

スカート内盗撮おとがめ無しのドイツ やっと違法化の動き

2019年09月19日(木)17時30分
モーゲンスタン陽子

ようやく違法化へ...... AlexLinch - iStock

<ヨーロッパで「スカート内盗撮」をめぐる法規制が徐々に始まってきている......>

先月21日、555人もの女性のスカート内部を盗撮し、ポルノサイトに投稿していたコロンビア国籍の男がスペインで現行犯逮捕された。事件はヨーロッパ全土で報道されたが、これを受けてupskirting「アップスカーティング・スカート内盗撮」という行為に注目が集まっている。

スペインではスカート内盗撮は性的虐待とされており、男は懲役刑になる可能性がある。しかしながら、盗撮にまつわるヨーロッパの法環境は意外と曖昧だ。イギリスでは、イングランドとウェールズでようやくこの4月にアップスカーティングが違法化されたばかり(それまではスコットランドのみ)。ドイツに至ってはなんと、現時点ではほぼお咎めなしだ。

2人のドイツ人女性が請願を開始

イギリスでスカート内盗撮が違法化されたのは、ジーナ・マーティンという、作家で盗撮の被害者でもある女性が始めたオンライン請願書によるところが大きい。違法化のおかげで、盗撮犯に最高2年の禁固刑を与えることが可能となった。この影響を受けて、ドイツでもハンナ・ザイデル(28)とイダ・マリー・ザッセンベルク(25)の2人の女性がオンライン請願書を立ち上げた。

ザイデルはまず13歳のとき、修学旅行中に他校の教師にスカート内を盗撮された。2度目は16歳のとき、コンサート会場で起こった。しかしながら、泣き寝入りするほかなかった。その場で撮影者を問いただし、証拠の写真や動画を押さえければならない。十代の少女にそう簡単にできる行為ではない。しかも、そもそも違法ではないのだから、警察を頼ることさえできない。

物質的・身体的被害はないにしても、プライベートな部分を勝手に撮影され使用される女性たちは紛れもなく被害者だ。巷では、「スカート内盗撮」に該当する用語がなく、アップスカーティングという英語をそのまま借用しているところに、この種の性犯罪に対するドイツ人のそもそもの関心の薄さが表れていると指摘する声もある。

(参考記事)英でスカート内盗撮を処罰する法律が施行

今月にも法案提出の動き

ドイツ刑法にセクシャル・ハラスメントに関する条項が盛り込まれたのは、実は比較的最近だ。2016年の大晦日、ケルンで何百もの性的暴行被害が報告されたのを受けてのことだ。ただし、この法が適用されるのは、秘部への身体的接触があった場合に限られる。また、盗撮に関しても、罰せられるのは録画をアップして拡散した場合だ。しかも、自宅やトイレなどの私的空間で撮影されたものでなくてはならず、公共の場で撮影されたものはこの限りではない。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米中が「第1段階」通商合意、関税発動猶予 米農産物

ワールド

米中の「第2段階」通商合意、複数回に分割も=米財務

ワールド

北朝鮮、衛星発射場で再び実験 米に対抗し「新兵器開

ワールド

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニテ

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    104歳にして狩猟免許を初取得したスーパーおばあちゃ…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    自己主張を守るという名の放任子育てが増殖中! 子…

  • 2

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 3

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    犬でも猫でもげっ歯類でもOK ペットのフリーズドラ…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 4

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 5

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!