最新記事

ワイン

知られざるワインの新名所は? まだ世界が知らない穴場へ

Uncharted: Wine Regions

2019年06月26日(水)17時15分
ニューズウィーク日本版編集部

テラスで外飲みも楽しいシーズン。いつもと違うワインを試してみては?(写真はイメージ) Rostislav_Sedlacek-iStock

ワインを愛する人たちにとってはうれしい話だが、世界のワインの生産地は景色が美しく、活気のある土地が多い。しかも世界各地の意外な場所に、まだあまり知られていないけれど、これからが楽しみな産地がたくさんある。ワイン好きなあなた、今度の休暇にはおいしいワインの穴場を楽しむ旅に出掛けてみては?

メキシコ:バジェ・デ・グアダルーペ

wine01.jpg

SHERRY SMITH/ISTOCKPHOTO

メキシコの酒はテキーラだけじゃない。この地方では、良質のシャルドネ、リースリング、シュナン・ブランがとれる。赤ではメルロー、テンプラ ニーリョ、プティット・シラーも。


アメリカ:アイダホ州

アメリカの隠れたワインの名産地がアイダホ州。既に50カ所を超えるブドウ園がある。カリフォルニアと並ぶアメリカのワイン産地として知られるようになる日も、そう遠くないはずだ。


ポルトガル:ドウロ渓谷

wine03.jpg

TIAGO_FERNANDEZ/ISTOCKPHOTO

ドウロ渓谷は世界遺産に指定されているだけでなく、世界トップクラスのポルト、クラレット、それにブルゴーニュのワインを生産している。


カナリア諸島:テネリフェ島

大西洋のスペイン領カナリア諸島で最大のテネリフェ島などは、世界でも興味深いワイン産地の1つでもある。リスタン・ブランコ、マルバシアといった土着の固有ブドウ種でワインを作っている。


チリ:マウレ渓谷

カルムネール種など珍しいブドウを使ったものなど、世界トップクラスのワインを生産するようになってきた。フランス産にも似た、果実味が豊かでハーブの香りもするワインが人気だ。

RANKING

  • 1

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    「世界遺産」に存在した登録の決め手。ユネスコの欧…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    存在理由はないが秀作の『トイ・ストーリー4』 新旧…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    ムール貝、異常な熱波で自然調理されてしまう

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!