最新記事

中国

タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

2019年06月10日(月)16時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

美味しいタピオカミルクティーもほどほどに(写真はイメージ) insjoy-iStock

<ひどい腹痛に、食事も喉を通らなくなった少女。CTスキャン検査で明らかになった原因とは>

日本でも止まる所を知らない、タピオカミルクティーブーム。週末になると、多くのティーンエイジャーがプチプチのタピオカ入り飲料を求めて列を成すので、タピオカミルクティー好きでなくともその人気ぶりはご存知だろう。

そんななか、中国から気になるニュースが舞い込んだ。

ニュースサイト「THE EPOCH TIMES」によると、中国・浙江省に住む14歳の少女がひどい腹痛に襲われた。しばらくは家で様子を見ていたそうだが、腹痛が収まる気配はなく食事が取れないまでに悪化し、彼女の両親は5月28日に少女を病院に連れて行ったと現地メディアが伝えている。

診察の結果、CTスキャンで少女の腹部に奇妙な球状の影が複数発見された。少女に最近の食事について聞くと、直近でタピオカミルクティーを飲んでいたことが明らかに。CTスキャンに映った、球状の物体はタピオカと推測されている。少女には、便秘を解消するための下剤が処方され事無きを得た。

【参考記事】サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

しかしながら治療に当たった医師は、解せない。確認されたタピオカと思しき物体はとても多く、ここまで深刻な状態になるには、かなりの量を長期間にわたって摂取する必要があると話している。

インタビューを受けた別の医師によると、でんぷんから作られるタピオカは、消化が難しいこともあると注意を促す。店によっては、粘着剤や防腐剤を加えるところもあり、このような成分を継続的に体に取り込むと胃腸の機能不全につながる可能性があると指摘した。

【参考記事】子どもを肥満にさせる「欠食・孤食」と家庭間格差


20190618issue-cover200.jpg
※6月18日号(6月11日発売)は「名門・ジョージタウン大学:世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論」特集。「全米最高の教授」の1人、サム・ポトリッキオが説く「勝ち残る指導者」の条件とは? 必読リーダー本16選、ポトリッキオ教授から日本人への提言も。

RANKING

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 2

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    政治家が意図せざる「猫フィルター」付きで生中継 …

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 2

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 5

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    「顔に何かいる...」寄生虫は顔面にも住みつく レジ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!