最新記事

動物

盲目のダックスと相棒のピットブル、世間に注目されたドタバタ引っ越し劇は遂にピリオド

2018年6月13日(水)17時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

2匹はかたときもお互いの側を離れない親友 SideTV-YouTube

<小さな老犬とたくましい犬の「でこぼこコンビ」が味わった、人間のエゴのしわ寄せ...>

2018年の上半期、話題になった犬のコンビをご存知だろうか。

OJという盲目のダックスフントとその相棒のピットブルのブルードーザー(愛称:ドーザー)。体の大きさがかなり違う「でこぼこコンビ」が注目されたのは、およそ半年前のこと。当時の飼い主が、住む家を失い面倒を見られなくなったため、2匹は家なき子に。突如、新居探しを余儀なくされた。ピープル誌米CBSが伝えた。

盲目のOJの目となるドーザー

飼い主に手放された2匹は、バージニア州のリッチモンド動物愛護センター(RACC)に託された。「でこぼこコンビ」はこのときすでに親友同士で、かたときもお互いの側を離れようとしなかった。

OJ(右)とドーザー(左)


盲目のOJは12歳になる老犬。独り歩きすれば、そこら中に頭から突っ込んでしまう。そんなOJを守るためにドーザーが彼のガイド役を務めていた。「彼らは寝る時も食べる時も、散歩する時も... つまり、いつも一緒」とRACCのディレクターであるクリスティー・チップス・ピータースは言う。

だから、当時の飼い主は、何があっても2匹は一緒にいなければならないと強く願っていた。RACCに託したときには、絶対に引き離さないよう懇願したという。

目の見えない老犬は邪魔。OJだけ捨てられる

RACCは、OJとドーザーをペアで引き取ってくれることを条件に、新たな飼い主の募集を開始。「2匹の姿をフェイスブックに投稿したところ、あまりの可愛さにたくさんの反響がありました」とピータース。事実、彼らの写真を見た人から問い合わせが相次ぎ、条件に合う新しい飼い主に迎えられた。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月