最新記事

テクノロジー

VRゲーム機の進化を装着して体験せよ

Reality Bytes

2019年7月12日(金)15時30分
モ・モズチ

ライトセーバーを振ったり3Dの物体を作ったり……VRゲームならではの面白さを楽しもう SOIFER/ISTOCKPHOTO

<オキュラス・クエストは安価で簡単――後はハードがもっと小型になり対応するソフトが増えれば言うことなし>

ゲームでVR(仮想現実)を楽しむためのヘッドセット型の機器が相次いで発売されたのは数年前のこと。だが第1世代の家庭用VR機器は、魅力的といえども多くの消費者にとってあまりにも高価だったし、操作のハードルも高過ぎた。

それでもオキュラスやHTC、ソニーなどの企業が幅広いユーザーに向けたVR機器の開発をやめることはなかった。第2世代の製品は、手頃な価格とシンプルなハードウエア、そして以前よりは充実したゲームソフトのラインアップで消費者を呼び込もうとしている。「オキュラス・クエスト」もそんな新しい世代のVR機器の1つだ。

クエストはVRの世界に真の一歩を踏み出したと言える製品だ。4万9800円と手を出しやすい価格で、パソコンにつなぐケーブルがなくなって動きやすくなった。これ一台で遊べるから、使い勝手という意味でも手軽だ。同社の既存のオールインワン型機「オキュラス・ゴー」の軽量な無線ユニットや、パソコンにつないで遊ぶハイエンド機「オキュラス・リフト」のモーショントラッキング技術やコントローラーなど、従来型のいいとこ取りをしている。

「豊かなゲーム体験をつくり出すのに、姿勢トラッキングと(手首に装着して使う)オキュラス・タッチ・コントローラーは重要だ」と、同社のハードウエアマネジメント責任者、ショーン・リウは言う。

ハードウエアの使い勝手という点では、クエストはほぼ誰にでも使えるレベルだ。初回はスマートフォンにつないでアカウントを登録し、続けてプレーヤーが動くスペースを設定するが、そのときの手間も、ちょうどいいくらい。電源を入れるとカメラが自分のいる部屋の中を映し出すので、タッチ・コントローラーを装着し、チョークで線を引くように動く範囲の境界線をなぞればいいだけだ。プレー中に境界線に近づくと、バーチャルな壁の映像が現れて、あと一歩でぶつかるぞと教えてくれる。

次に、簡単なチュートリアルで基本動作を学ぶ。タッチ・コントローラーのおかげで、クエストのゲームは仮想現実の中のモノを現実世界にあるモノのように触れたり動かしたりすることができる。まずは紙飛行機を飛ばしたり、ダーツを投げるところから。ゲームでは『ベイダー・イモータル』ならライトセーバーを振り回し、『ジョブ・シミュレーター』ならレストランのシェフになってせっせと料理を作ることになる。

ハードウエアではなくそのゲームこそが、VR市場における次の大きな課題だ。

楽しいゲームもあるが

「コンテンツが何より重要だ」とリウは言う。「次にやるべきは対応する高品質なゲームの数を増やすことだ」

これはオキュラス単体でどうにかなることではない。家庭用ゲーム産業全体から見れば、VRはまだ新顔のプラットフォーム。そしてこの業界でものをいうのはゲームソフトをインストールする機器の数だ。機器がたくさん売れれば、ゲーム開発業者は対応するコンテンツを作りやすくなる。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月