最新記事

日本人が知らない 仮想通貨の闇

仮想通貨は「何を持つか」より「どう持つか」、管理法のポイントは?

How to Store Coins

2018年2月7日(水)16時13分
藤田岳人(本誌記者)

Kim Kyung Hoom-Reuters

<コインチェック事件で浮き彫りになったのは、仮想通貨の管理方法。それでも取引所に任せるか、自力で管理するか。全てを失うリスクもあると認識する必要がある>

「コインチェック事件」で改めて浮き彫りになったのは、自分の大事な資産である仮想通貨をどのように管理するか、投資家自身がしっかり考えて判断しなければならないという当たり前の事実だ。

法定通貨でも、いくら財布に入れて持ち歩くか、いくらをどの銀行に預けるか、いくらを自宅に置いておくかは自分で考える。それぞれに安全性や利便性のメリット・デメリットがあり、自分に合った方法をそれぞれが選択する。仮想通貨もカネである以上、それと同じことだ。

そこで、仮想通貨の保管方法についておさらいしておこう。投資家にとって、保管先の選択肢は大きく分けて3つある。取引所、「ウォレット」のアプリやソフト、ネットから隔離された機器や紙などだ。

1つ目の取引所に置いておく方法だが、最初に日本円を仮想通貨にするには、取引所で入手する必要がある。その後も別の仮想通貨に換える際などには取引所を通す。そのため、そこにそのまま置いておくのは最も「楽」な方法と言える。

ただ、コインチェック事件がまさにそうだが、膨大な資金を抱える取引所は常にハッカーに狙われているとの認識は必要だ。倒産の可能性もある。保管の手間を肩代わりしてもらうのと引き換えに、安全管理の権限も完全に手放すということだ。

取引所を使う際には、数多く存在する国内外の取引所のどこを使うかの選択も重要となる。業者によって取り扱い通貨の種類(ビットコインやそれ以外の仮想通貨)、手数料、最低取引額などが違う。盗難リスクは全ての取引所に共通するが、安全管理や顧客への説明体制などの水準を金融庁が認めた国内の登録業者(現在は16社)を選ぶのが無難だ。

コインチェックは日本の取引所としては最大手の一角。取引スピードの速さやアプリの使いやすさで、ユーザーの評価は高かった。しかし、金融庁による登録をいまだ得られていないのも事実。今回の事件で顧客資産の管理体制が不十分だったことが明らかになったが、それも未登録の一因だったと考えられる。

2つ目は、スマートフォンやパソコンにインストールした「ウォレット」アプリやソフトに、取引所から通貨を移して保管する方法。仮想通貨を財布に入れておくイメージで、外部への送金はスムーズに行える。

ただ、これはネットに接続した状態で保管する「ホットウォレット」なので、取引所任せでなく自力でのセキュリティー対策が必要となる。パソコンなどがウイルス感染すれば、ハッキングで盗難されるリスクがある。また事前に復元の設定をしておかないと、機器を紛失・破損すれば通貨にアクセスできなくなる。


180213cover-150.jpg<ニューズウィーク日本版2月6日発売号(2018年2月13日号)は「日本人が知らない 仮想通貨の闇」特集。コインチェックでのNEM巨額流出騒ぎは氷山の一角。ICO詐欺から、テザー疑惑、量子コンピューターまで、「理想の通貨」になお潜む難題とリスクに迫った。この記事は特集より抜粋>

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円半ば、アジア株安で円堅調

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、下げ幅一時500円超 2

ワールド

原油先物は横ばい、サウジが市場で「責任ある役割」果

ワールド

ドイツ、核廃棄条約存続でNATOに協力要請へ

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 8

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 9

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 10

    アマゾンなどに「フェイク・レビュー」、英消費者団…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月