最新記事

睡眠

良質な眠りは「睡眠1分前の仕込み」で決まる

2019年6月14日(金)15時30分
松尾 伊津香(プロボディデザイナー/ZERO GYMエグゼクティブプログラムディレクター) *東洋経済オンラインからの転載

忙しい中でも良質な睡眠をとるために必要な「寝る前の仕込み」とは? Nattakorn Maneerat-iStock


睡眠は、忙しい現代人にとって最大の課題といえる。睡眠不足や質の悪い睡眠がもたらす悪影響は知っているものの、仕事に追われ、なかなか十分な睡眠がとれていない......という方も多いのではないだろうか。

忙しい中でも良質な睡眠をとるには、一体どうすればいいのか? 疲労回復専用ジム「ZERO GYM」のプログラムディレクター・松尾伊津香氏は、「睡眠のカギは『安心感』にある」と言う。松尾氏の監修書『エグゼクティブ・コンディショニング』の内容を一部抜粋し、再構成のうえお届けします。

眠りの質を高めるには「安心して眠る」

良質な睡眠をとる大前提として、十分な睡眠時間を確保できていることは重要です。ただし、必要な睡眠時間は人によって違います。睡眠にはサイクルがあり、1サイクルおよそ90分程度といわれていますが、これにも個人差があります。

「自分のサイクルがわからない」という方は、90分サイクルと仮定し、4サイクルまたは5サイクルでしばらく睡眠をとってみてください。それで合わない場合は、1サイクルを120分までの間で伸ばしてみましょう。

睡眠サイクルを知るために、最初の3日間、午前0時に就寝し午前6時に起きてみることをお勧めします。そこで「目覚めのとき」の感覚を記憶します。

目覚めた瞬間にあなたはだるかったのか、はたまた眠かったのか、眠りが足りない感じがあるか、寝過ぎた感じがあるか。それを基に睡眠時間の微調整を行ってみてください。

ここで問題となるのは、「十分な睡眠時間をとれない」ことではないでしょうか。もちろん、十分な睡眠時間をとることは大前提ですが、多忙でどうしても難しい時期には、1回の眠りの質をできるかぎり高めておくことが必要です。

また、「決めた時間に寝たくても寝つけない」ことにお悩みの方もいるかもしれません。決めた時間にスッと眠りに落ち、かつその眠りの質を高めるために必要なのはなんでしょうか。それは、「安心して眠る」ということです。

ニュース速報

ワールド

米大統領選、バイデン氏の民主候補指名が確定 必要な

ワールド

ブラジル大統領、WHO脱退検討を表明 政治的偏向に

ワールド

焦点:ネット企業めぐり大統領令、トランプ氏は何を変

ワールド

焦点:コロナ収束で消える「感染地帯」、ワクチン開発

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 3

    黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

  • 4

    「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

  • 5

    着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

  • 6

    NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 9

    まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

  • 10

    「ドイツの黒人はドイツ人とは認められない」 ベルリ…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 7

    韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

  • 8

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 10

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 1

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月