最新記事

イベント

12ブランドのシングルモルトを、グランピング・シーンで味わってみたら

PR

2017年8月21日(月)12時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ 広告制作チーム

<シングルモルト好きにはたまらない『グランド モルト テイスティング2017』が、東京・恵比寿で9月7日と8日に開催される。グランピング・シーンの中で、12ものシングルモルトをテイスティングできるイベントだ>

9月7日と8日、シングルモルト好きにはたまらないイベントが恵比寿アクトスクエア(東京都渋谷区)で開催される。雨の多いこの夏に「アウトドア不完全燃焼」だった人にはなおさら、はずせないイベントになるだろう。

「タリスカー」や「アードベック」、「グレンモーレンジィ」、「ラガヴーリン」など、12ブランドのシングルモルトウイスキーを集めた『グランド モルト テイスティング2017』だ。2011年にスタートし、今年は2年ぶり5回目の開催となる。

event170821-3.jpg

この12ブランドのシングルモルトウイスキーを味わうことができる

シングルモルト好きにはお馴染みのMHDモエ ヘネシー ディアジオ社が主催し、"秋の夜長とシングルモルト"をテーマに豊かなライフスタイル提案を行うイベントだが、今年はひと味違う。"グランピング・シーンの中で楽しむシングルモルトの世界"という演出がなされ、シングルモルト初心者から熱心なファンまでが楽しめる内容となっているのだ。

さらには、1815年にスコットランドのアイラ島で生まれ、世界で最もピーティーでスモーキーな究極のアイラ・モルトとして支持されるアードベックは、この秋に発売する新商品を提供。いち早くテイスティングできる。

都会の中心に突如出現する、真の大人の五感を刺激するグラマラスな空間。彩りを添えるのは、DJ/作家のロバート・ハリス氏のトークショーと、年代や性別、ジャンルを超えて幅広い層から支持を集めるアーティスト、Caravan氏のライブショーケースだ。

event170821-2.jpg

DJ/作家のロバート・ハリス氏(左)、アーティストのCaravan氏(右)

イベントはこちらから、チケットの事前購入が必要。男性4000円、女性3500円、男女ペアチケット7000円となっており、これで12ブランドのシングルモルトウイスキーすべてと、アードベックの新商品をテイスティングできる。

ウイスキー好きなら見逃せないこのイベント。ちょっとしたアウトドア気分で、ぜひ足を運んでみてはどうだろうか。


グランド モルト テイスティング2017
http://www.mhdkk.com/brands/malts/GMT/

開催日時:9月7日(木)21時~23時、9月8日(金)18時30分~20時30分、21時~23時
開催場所:恵比寿アクトスクエア(東京都渋谷区恵比寿4-19-19)
参加費:男性 4,000円、女性 3,500円、男女ペアチケット 7,000円
 ・シングルモルト12ブランドのテイスティング
 ・アードベッグ新商品のテイスティング (1名1杯限定)
参加方法:http://grandmalttasting.peatix.com/よりチケットを事前購入
出展ブランド:アードベッグ、タリスカー、グレンモーレンジィ、ラガヴーリン、オーバン、カリラ、クライヌリッシュ、クラガンモア、グレン エルギン、グレンキンチー、ダルウィニー、モートラック

ご参加にあたっての注意事項
※顔写真付身分証をお持ちください。会場受付にて確認させていただく場合がございます。
※本イベントはアルコール類を提供するため、満20歳未満の方はご入場いただけません(同伴の方がいても不可)。
※飲酒イベントにつき、車でのご来場はご遠慮ください。
※危険物・飲食物の持ち込み禁止。
※雨天時も実施いたします。
※やむを得ぬ事情により内容に変更が生じる場合がございます。この他、ご不明な点はイベント事務局までお問い合わせください。

問い合わせ先:グランド モルト テイスティング 2017事務局
TEL:03-6206-2700(平日10時~18時)

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月