最新記事

映画

ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム』最新作が示す「宇宙」の未来

MCU: Let There Be Change

2021年12月2日(木)17時07分
ジュリア・アレクサンダー

211207P58_VNM_02.jpg

©2021 CTMG. ©& TM 2021 MARVEL. ALL RIGHTS RESERVED.

ヴェノムが『ノー・ウェイ・ホーム』に登場することは、純粋な権利関係では可能だ。しかし、ヴェノムのようにソニー・ピクチャーズエンタテインメントが所有するキャラクターが、ソニーが出資していないマーベル映画のヒーローたちと本当に共演できるのか。スパイダーマンの権利はソニーが所有しているが、『ノー・ウェイ・ホーム』はウォルト・ディズニー傘下のMCUのシリーズだ。

そろそろ頭が混乱してきたかもしれない。実際、事はかなり複雑だ。

マーベル破産後に起きた複雑な変化

1990年代後半、マーベル・コミックスが破産を申請。その直後、ソニーはマーベルのほぼ全てのキャラクターの映像化権を購入する機会があったが、スパイダーマンだけを700万ドルで買い取った。X-メンとファンタスティック・フォーは20世紀フォックス(現・20世紀スタジオ)が獲得し、アイアンマンはあちこちを転々として、ハルクはユニバーサル・スタジオが捕獲した。

ウォルト・ディズニーは2009年にマーベルを、19年に20世紀フォックスを買収。マーベルが生んだキャラクターの権利は大半がディズニーに帰属して、大規模なユニバースの展開が可能になった。

ただし、ソニーは今のところ、スパイダーマンをマーベルに売り戻すつもりはなさそうだ。02~07年にサム・ライミ監督がソニーで製作したマグワイア主演のオリジナル3部作は、超大作のスーパーヒーロー映画ブームの先駆けとなった。

ソニーは同様の成功を目指し、12年にガーフィールド主演の『アメイジング・スパイダーマン』を公開。14年の続編と2作合わせて興行収入は約14億6000万ドルと悪い数字ではないが、オリジナル3部作には及ばなかった。

理由の1つは、スーパーヒーローというジャンルが発展するなかで、ファンが求めるものが変わっていったこと。お気に入りのスーパーヒーローたちが物語の枠を超えて交流し、1つの大きなユニバースで活躍してほしいという期待が高まったのだ。

17年にソニーとマーベルは前例のない契約を結んだ。ホランドの「スパイダーマン」最新シリーズは、製作に関する権利をマーベルが、グッズの権利をディズニーが持ち、ソニーは映画の資金を調達して興行収入をほぼ100%得ることになった。さらに、マーベルは「アベンジャーズ」などスーパーヒーローがチームを組むユニバースに、スパイダーマンを起用できるようになった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ベネズエラ大統領、野党と対話再開へ 米の制裁緩和受

ワールド

米、ロシアの戦争犯罪の証拠収集・分析へ 説明責任を

ワールド

北朝鮮の金氏、コロナ対応「未熟」と批判 新たに23

ワールド

米粉ミルク不足問題、下院歳出委員長がFDAに緊急予

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 5

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月