最新記事

エンターテインメント

映画やドラマ、バラエティーで炸裂する美魔女パワー ダイバーシティは人種やセクシャリティに留まらず

2020年10月17日(土)19時40分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

今、世界ではオーバー45、そしてアラフィフ女優たちが大活躍している。左からソフィア・ベルガラ、ぺ・ジョンオク、イザベル・ユベール Reuters-Danny Moloshok/J-WIDE-COMPANY/Reuters-Eric Gaillard

<米アカデミー作品賞に人種やセクシャリティでの多様性が必要とされる時代、メディアを彩るのは若者だけではない>

今月2日、アメリカの経済誌フォーブスが発表した「この1年間で、世界で一番稼いだ女優」ランキングの1位は、ソフィア・ベルガラだった。2019年6月から2020年6月までで、なんと4300万ドル(約45億4千万円)を稼いだのだという。

ソフィアは72年生まれの48歳だ。人気ドラマ『モダン・ファミリー』のラテン系セクシーママ役と言ったらピンと来る人もいるかもしれない。ちなみに、「世界で二番目に稼いだ女優」にランクインしたアンジェリーナ・ジョリーも、75年生まれの45歳である。

今、世界ではオーバー45、そしてアラフィフ女優たちが大活躍しているのだ。

アラフィフ女優が活躍する韓国エンタ

お隣の国、韓国でも、去年頃から熟年女優たちの活躍が目覚ましい。昨年11月、韓国の人気ラッパーであり、K-POP男性アイドルグループBlock Bのリーダーでもあるジコの新曲『Being left(남겨짐에 대해)』のミュージックビデオに、当時55歳のベテラン女優ぺ・ジョンオクがキャスティングされて話題となった。

ぺ・ジョンオクは、女優としてデビュー後、35年間のキャリアの中でドラマや映画、舞台など100本ちかい作品に出演してきたがミュージックビデオは主演どころか、出演すら初めてのことだったという。ZICOは後にインタビューで「ただ、彼女しか頭に浮かばなかった」と、この曲のキャスティングについて語っている。

大ヒットしたあのドラマにも

今年は、第3次韓国ドラマブームと言われるほど、多くの話題作が登場した。特に、ネットフリックスなどのOTT(ネット配信サービス)配信の後押しもあり、韓国ドラマが様々な言語で翻訳されて、世界各地で大ブームを起こしている。

そんな韓国ドラマ界でも、ここ最近アラフィフ女優の活躍が目覚ましい。今年、最終回視聴率が28.4%と、驚異的な数字を叩き出し、韓国の非地上波の歴代最高視聴率記録を塗り替えたドラマ『夫婦の世界』。このドラマの主人公を演じたキム・ヒエは、1967年生まれの53歳だ。夫の不倫や仲間の裏切りに復讐する、頭のキレる女医役を見事に演じ話題となった。

さらに、去年社会現象を巻き起こしたドラマ『SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜』の主人公、ハン・ソジン役を演じたヨム・ジョンアも1972年の48歳である。話題作の主人公にアラフィフ女優たちが次々とキャスティングされている。

ニュース速報

ビジネス

ECB、環境リスクで社債選別しても1兆ユーロ購入可

ワールド

台湾、「フーリガン」中国外交官恐れず 建国記念行事

ビジネス

EXCLUSIVE-ソフトバンクG出資の中国滴滴、

ビジネス

日経平均は反落、売買代金7日連続の2兆円割れ

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 4

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

  • 5

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 6

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 7

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 8

    アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

  • 9

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 10

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月