最新記事

映画

報道の世界で起きた驚愕の不祥事とは──『スキャンダル』試写会60組120名ご招待

2020年1月21日(火)00時00分

© Lions Gate Entertainment Inc.

<MeTooという言葉が話題になる1年前、全米No.1の人気を誇るニュース放送局FOXニュースで、ベテラン女性キャスターがオーナーによる性暴力を告発する事件が起きた──>

トランプが大統領選でメディアの注目を集めていた2016年、全米No.1の人気を誇るFOXニュースでは、3人の女性による「戦い」が動き始めていた。

人気・実力ともトップの女性キャスター、メーガン・ケリーは、選挙戦のときからトランプの女性蔑視発言を問題視していたが、トランプは次第にメーガンに個人攻撃の罵詈雑言をツイートするようになる。一方、2年前に看板キャスターの座から降格されたベテランのグレッチェン・カールソンは、自身が冷遇された理由がようやく分かりつつあった。オーナーでCEOのロジャー・エイルズから迫られた性的関係を拒否したのだ。そして彼女の下で働いていた若く野心にあふれたケイラ・ポスピルも、エイルズに自らをアピールする機会を得るが、彼の返事は「服を持ち上げ、脚を見せろ」だった。

2016年7月6日、カールソンはエイルズをセクハラで告発した。権力をかさに性暴力を受けたほかの女性たちが後に続くと確信していたからだ。だが、怒り狂ったメディア王エイルズの前にFOXニュース社内には意味深な沈黙が流れて──。

事件後も性暴力の啓発を続けるグレッチェン・カールソンだが......

告発したカールソンは最終的にFOXと和解し、2000万ドル(約22億円)以上にのぼる和解金を受け取ったといわれるが、和解の条件として事件について一切語らないという条件が付けられたため、報道の世界の裏側で何が起きていたのか真相をカールソン自身が語ることはなくなった。

その後、カールソンの元には何千もの女性たちからセクハラについての体験が寄せられ、彼女はセクハラ撲滅のための活動を行うことを決意。「ジェンダーに基づく暴力、差別、および嫌がらせ」に苦しむ人びとを支援するグレッチェン・カールソン・リーダーシップ・イニシアティブを設立するなど、性差別、性暴力の根絶のための様ざまな活動に取り組んでいる。

【関連記事】セクハラ訴訟を起こしたキャスターが指南する撲滅法

カールソン自身は、FOXニュースでのセクハラについてその後語ることはなかったが、この事件を葬ってはいけないと考えた映画脚本家がいた。実話を元にリーマンショックの裏側を描いてヒットした『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でアカデミー賞を受賞したチャールズ・ランドルフだ。

彼が関係者に綿密な取材と調査を行って出来上がった脚本は、近年はプロデューサーとしても活躍するオスカー女優シャーリーズ・セロンの元に届けられ、「とてもパワフルで見事な脚本」と惚れ込んだ彼女は、存命中の著名人を演じるという難題を自らに課すことを決意。トランプ政権とメディアの関係、報道の世界の裏側で起きるパワハラやセクハラなど、今まさに問題になっているトピックが見事に映画化されることとなった。ちなみに、映画化された『スキャンダル』についても、カールソン自身はコメントはしていないという。

今回、アカデミー賞の主演女優賞(シャーリーズ・セロン)、助演女優賞(マーゴット・ロビー)、メイクアップ&ヘアスタイリング賞(カズ・ヒロ(辻一弘))にノミネートされた話題の映画『スキャンダル』のニューズウィーク日本版特別試写会を2月12日に開催、読者の方60組120名様をご招待します。


『スキャンダル』予告編


[監督]ジェイ・ローチ(『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』)
[脚本]チャールズ・ランドルフ(『マネー・ショート 華麗なる大逆転』)
[出演]シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー、ジョン・リスゴー、アリソン・ジャネイ、コニー・ブリットンほか
[配給]ギャガ
[公開]2月21日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー


ニューズウィーク日本版2020試写会『スキャンダル』

日時:2月12日(水)18:00開場/18:30開映
会場:よみうりホール 東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階

締切:2020年2月3日(月)12:00(正午)
発表:抽選で当選者を決定。発表は当選者への招待状の 発送をもって代えさせていただきます。
※住所等の個人情報は、招待状を発送する目的に限り利用します。
※会場までの交通費は、当選者のご負担となります。
※ご応募に当たっては会員登録が必要です。
お問い合せ/CCCメディアハウス マーケティング部 TEL.03-5436-5730


submit.png


関連ワード

ニュース速報

ワールド

菅首相、米国務長官・中国外相と相次ぎ会談へ 近く来

ワールド

トランプ米大統領、最高裁判事に保守派バレット氏を指

ビジネス

北京自動車ショー開幕、中国市場は堅調に需要回復

ワールド

大統領選、結果判明に数カ月要す恐れ 郵便投票で=ト

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月