最新記事

セックス

韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過激」映画まで

2019年9月11日(水)18時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

10代の若者にはこれだけでも刺激的? whyframestudio - iStockphoto

<徴用工問題に端を発した日本による韓国向け輸出規制は長期化しそうだが、長年非合法な形で日本から韓国へと輸出されてきたヤバいものがある>

8月8日、Netflixが全世界190か国に配信を開始したオリジナルドラマ『全裸監督』が空前の人気を博し話題だ。配信後わずか8日後の8月16日には続編制作が発表され、その人気を物語っている。このドラマは全8話の構成で、実在のAV監督・村西とおるの破天荒な半生を描いた作品だ。村西の熱血漢あふれる姿を通して80年代の日本で活気づいてきた頃のアダルト・ビデオ業界を紹介している。

このようなアダルト業界の裏の世界を描いた作品は多く、ここ数年フィーチャーされているように見える。現役人気AV女優・紗倉まなが、AV業界の現場を舞台に書いて話題になった小説『最低。』が映画化されたほか、WOWOWではオリジナルドラマとして田舎の町がAV業界に侵食されていく姿を描いた『モザイクジャパン』を放送した。企画物と呼ばれるAV女優たちを主人公にした『名前のない女たち』は、世界四大映画祭といわれる第33回モスクワ映画祭で正式上映されている。この業界が注目を集めるのは、誰もが興味はあるがベールに包まれた裏の業界というイメージをもっているからだろう。

韓国のAV事情

お隣りの韓国でも日本のAVは人気である。もともと韓国ではポルノについては規制が厳しく、公的にはAVは存在しないため、日本のものを輸入している。もちろんビジネスベースでの輸入はできないため、その大部分は不法ダウンロードや海賊版DVD作品である。韓国では、全ての映像は「韓国映像物等級委員会」と呼ばれる行政の機関を通さなくてはいけないのだが、一般的な日本のAVは劇映画として認められていないのだ。

たとえセリフがあり、女優や男優らが演技しているAV作品であっても、局部のシーンやリアルな器具を使うシーンはカットしなければならず、胸はOKでも下半身はNGというのが今の定説なので、韓国のR-18は日本のR-15程度の作品に仕上がる。

さらに、この規制もその時々で変わってくるので厄介だ。韓国史上初の女性大統領となった朴槿恵政権時代は特に厳しく、たとえ女優の年齢が未成年ではなくても、制服を着ているシーンが入っていると輸入しにくく、看護婦やCAなどある特定の職業を女優が演じるAVは職業差別であるという理由で輸入を控える傾向にあった。特に儒教の影響なのか、「女教師」など先生を扱う作品は、特別規制があったわけではないが暗黙の了解でタブー化されていた。

しかし、そうした制限があるにも関わらず韓国の男性は日本のAVにとても詳しい。日本の人気AV女優を招いてファンミーティングまで行われており、筆者も縁があって当時の人気AV女優の麻美ゆまのファンミーティングに通訳として参加する機会があったが、韓国の男性ファンたちの熱気には驚かされた。

ニュース速報

ビジネス

自動車8社の4月世界生産は60.5%減 工場停止で

ワールド

台湾、今年の成長率予想1.67%に引き下げ 5年ぶ

ワールド

中国の富裕層、香港から資産移転の可能性 「安全法」

ビジネス

日本経済大変厳しい、先行きも極めて厳しい状況続く=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月