最新記事

健康

「7つの習慣」の中で「健康なまま年を取る」に役立つのはこれ

2019年9月3日(火)17時40分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

『7つの習慣』の著者スティーブン・R・コヴィー博士 Abras2010 [CC BY 2.0)]

<健康なまま年を取るためには早めの健康マネジメントが不可欠。とはいえ、差し迫った問題として捉えにくい分、習慣化は容易ではない。「緊急でないが重要なこと」にリソースをさく意味について名著『7つの習慣』に学ぶ>

厚生労働省によれば、2018年の日本人の平均寿命は男性で81.25歳、女性は87.32歳を記録。男女ともに過去最高の数値を更新し、世界トップクラスの長寿国だ。寿命100年の現実へと真っ先に突入すると予測されている。

しかし、こうした長寿化を手放しに喜ぶことはできない。

いくら寿命が延びても「健康なまま死に至るのは20人に1人」だと、東京慈恵医科大学教授・行動変容外来診療医長兼慈恵医大晴海トリトンクリニック所長の横山啓太郎氏は語る。

20190903healthmanagementbook-cover200.jpg横山教授はこのたび、長生きに伴うリスクを解説し、主体的に健康な生活習慣を獲得していく必要性とその方法について提案すべく、『健康をマネジメントする――人生100年時代、あなたの身体は「資産」である』(CCCメディアハウス)を刊行した。

「病気」ではない「老化」を正しく見つめ、ときに世界的ベストセラーで紹介される思考法まで交えながら「マインドセット」と「習慣」の改善を目指す一冊だ。

ここでは本書から一部を抜粋し、3回に分けて掲載する。第2回は、健康マネジメントに向き合うためのマインドセットを名著『7つの習慣』から学ぶ。

※第1回:「人生100年なのに医療は人生70年設定のまま」が引き起こす問題

◇ ◇ ◇

あたりまえのことをいいますが、人生100年はとても長い期間です。どれだけ体にいいことをするか、と上をめざすより、自分にちょうどいいことを無理なく、できるだけ長くつづけていくほうが大切です。

私たちの時間には限りがあります。その限りある時間のなかで、なにを優先して取り組むべきか。行動の優先順位を見きわめ、優先順位の高い行動により多くの時間をさくことが必要となります。

そこで読んでいただきたいのが、スティーブン・R・コヴィー博士による世界的ベストセラー『7つの習慣』(『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』キングベアー出版)です。「7つの習慣」を実践しつづけることによって、人間は連続した成長を遂げることができるという内容で、ビジネスパーソンの方なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

じつはそのなかの「第3の習慣 最優先事項を優先する」が、人生100年時代の健康マネジメントには不可欠なのです。まだ読んでいない人には、まずは「第3の習慣」の部分だけでも目を通してみることをおすすめします。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国、米国産大豆・豚肉の一部の輸入関税免除へ=財政

ビジネス

イタリア経済、目先は軟調な局面が続く見通し=国立統

ビジネス

中国、現地生産のテスラ車に新エネ車向け補助金の支給

ワールド

北朝鮮、来年から医療ツーリズム提供へ 中国観光客の

MAGAZINE

特集:仮想通貨ウォーズ

2019-12・10号(12/ 3発売)

ビットコインに続く新たな仮想通貨が続々と誕生── 「ドル一辺倒」に代わる次の金融システムの姿とは

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 5

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 6

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 7

    鳩山元首相「香港人権法」を批判 習近平と会見も

  • 8

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 9

    ヘアカラーと縮毛矯正に潜む乳がん発症リスク

  • 10

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 1

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 2

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 5

    文在寅大統領は何がしたいのか、なぜ韓国はGSOMIAで…

  • 6

    「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?

  • 7

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 8

    韓国ボイコットジャパンは競馬にまで 「コリアカップ…

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    中曽根政権の5年間で日本経済は失われた

  • 1

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 2

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 3

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元恋人バッシング

  • 4

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 5

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 8

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

  • 9

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月