最新記事

映画

2018年後半はABBAブーム巻き起こる? 『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』試写会ご招待

2018年7月10日(火)00時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

© Universal Pictures

<1970年代に世界的な大ヒットを巻き起こしたポップグループABBA。世代を超えて愛される彼らが今年後半また注目を集めそうだ>

「マネー、マネー、マネー」「Chiquitita」「ダンシング・クイーン」「Mamma Mia」......。スウェーデンのポップグループABBAの歌は彼らが活動していた70年代の世界的な大ヒットの後も、90年代のCDでのベストアルバム発表、そして1999年ロンドン・ウエストエンドで初演されたミュージカル『マンマ・ミーア!』、2008年にはその映画版と、時代を超えて常に世界中の人びとに愛されてきた。そして映画の続編『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』がこの夏公開される。

大ヒットした映画前作では、花嫁のソフィ(アマンダ・セイフライド)が、会ったことのない父親とヴァージンロードを歩くため、シングルマザーのドナ(メリル・ストリープ)に内緒でドナの元恋人3人を結婚式に招待したことから巻き起こる大騒動が描かれた。

新作ではその後、妊娠したソフィが島に戻り、ドナの親友のロージー(ジュリー・ウォルターズ)やターニャ(クリスティーン・バランスキー)と再会するところから物語が始まる。出産を不安がるソフィに、女手一つでソフィを育て上げたドナの過去を話すロージーとターニャ。若きドナと、ソフィの父親かもしれないサム(ピアース・ブロスナン)、ビル(ステラン・スカルスガルド)、ハリー(コリン・ファース)それぞれとの出会いが紐解かれていく......。
「ダンシング・クイーン」などABBAの名曲とダンスがふたたび観客を圧倒する、感動と興奮のミュージカル・コメディだ。

今回、本作品のニューズウィーク日本版特別試写会を8月13日に開催、読者の方80組160名様をご招待する。

ミュージカル、映画、そしてアバターでの新曲発表へ

ABBAが世界的に再び脚光を浴びるきっかけとなったのが1999年にロンドンで幕を開けたミュージカル『マンマ・ミーア!』だ。だが、ミュージカル化されたのは突然起きたわけではない。

1992年から活動を開始したABBAは、人気が集まるとともにメンバーが2組のカップルとなったが、途中で2組とも離婚。それとともに音楽的にもしだいに明るさが消え、82年には活動を停止し事実上の解散となった。その後、男性2人アンダーソンとウルヴァ―スは舞台音楽を手掛けるようになり、なかでも米ロの冷戦のモチーフにしたミュージカル『チェス』(作詞は『ライオンキング』『アイーダ』のティム・ライス)は世界で上演されるヒット作となった。この時期に『マンマ・ミーア!』プロデューサーのジュディ・クレイマーが二人と出会ったことで、ABBAのヒット曲を使ったミュージカルが立ち上がっていく。

結局、このミュージカル『マンマ・ミーア!』は1999年ロンドン初演から海を越えてブロードウェイでも2001年10月に幕を開け、2015年9月にクローズするまで14年間で5,773回上演されたほか、世界40カ国以上で公演されている。また2008年には映画化され、こちらもイギリスでは『タイタニック』の記録を抜き興行収入歴代1位という大ヒットとなった。

そしてこの春、ABBAのメンバーだったビョルン・ウルバースはこの秋に予定されているテレビの特別番組で、デジタル技術で再現されたアバの「アバター(分身)」がパフォーマンスを披露する予定だと明らかにした。

❤️ #abbaofficial #abba

@ abbaofficialがシェアした投稿 -

まさかの新曲発表が告知されたABBAのInstagram

この特別番組では世界のトップアーティストたちがABBAの曲をカバーするほか、ABBAのメンバー4人がなんとアバターで登場、新曲2曲を発表するという。そのうちの1曲のタイトルは「I Still Have Faith in You」。メディアと時代を超えてご機嫌なABBAサウンドはこれからも私たちを楽しませてくれそうだ。



映画『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』


 (c) Universal Pictures / YouTube

[監督・脚本]:オル・パーカー(『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』)
[出演]アマンダ・セイフライド(『レ・ミゼラブル』)、メリル・ストリープ(『プラダを着た悪魔』)、リリー・ジェームズ(『シンデレラ』)、ピアース・ブロスナン(『007』シリーズ)、コリン・ファース(『英国王のスピーチ』)、ステラン・スカルスガルド(『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』)ほか
[配給]東宝東和
【オフィシャルサイト】www.mammamiamovie.jp

2018年8月24日(金)東宝シネマズ日比谷、新宿バルト9ほか 全国ロードショー


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』試写会
日時:2018年8月13日(月)18:00開場/18:30開映(終了時間:21:00頃予定)
会場::東京国際フォーラムA 東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

応募締切:2018年7月30日(月)12:00



submit.png





※当選の発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背けたくなるメッセージ

  • 3

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月