最新記事

ニュースデータ

同性愛への寛容度でわかる日本の世代間分裂

20代と60代以上の意識の差が世界一大きい日本社会

2015年9月29日(火)16時15分
舞田敏彦(教育社会学者)

急速な変化 20代の同性愛への寛容度は同性婚が合法の国々とほぼ同じレベル AleksandarNakic-iStockphoto

 東京都渋谷区では、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める条例が施行されている(同性パートナーシップ条例)。日本では同性婚は法的に認められていないが、「結婚に相当する関係」と認める証明書を発行することで、性的少数者の権利を保護するためだ。

 今世界では、同性婚を合法とする社会が増えてきている。イギリス、フランス、オランダ、スペイン、スウェーデンなどがそうだ。同性婚をめぐって長らく社会的、宗教的な論争が続いてきたアメリカでも、今年6月に連邦最高裁が同性婚を合憲とする判断を示した。

 これらの国では概して、同性愛への寛容度は高い。2010~14年に各国の研究者が共同で実施した『世界価値観調査』によると、10段階で表した寛容度の平均点はスウェーデンが8.5点、オランダが7.9点、スペインが7.1点となっている(英仏は調査に回答せず)。日本は5.1点、韓国は3.5点だった。

 これは20歳以上の成人の回答の平均点で、日本の数値は10段階のほぼ真ん中ということになる。しかし世代別にデータを分析すると日本の特徴が見えてくる。<図1>は、主要国の年齢層別の平均点をつないだ折れ線グラフだ。

maitachart150929-01.jpg

 同性愛への寛容度は、どの年齢でもスウェーデンが最も高い。その折れ線グラフは平坦で、年齢による差がほとんどない。それに対して日本はグラフの右下がりの傾斜が大きく、20代の寛容度は実はアメリカ、ドイツより高いのだが、高齢層になると一気に急落する。日本の特徴は、意識の世代差が極端に大きいことだ。同様の特徴は韓国でも見られる。

ニュース速報

ビジネス

アングル:輝き失った人民元売り持ち、ヘッジファンド

ワールド

焦点:トランプ貿易戦争、米中西部に生む「勝ち組と負

ビジネス

アングル:指標に見るトルコ金融市場の「惨状」

ワールド

米国が対中追加関税発動させる確率60%=ゴールドマ

MAGAZINE

特集:中国シャープパワーの正体

2018-7・17号(7/10発売)

ハードパワーでもソフトパワーでもない「第3の影響力」 中国が駆使するシャープパワーの隆盛と限界

次号は7月18日(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話す子どももいた

  • 4

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 5

    トランプの仕掛けた貿易戦争、米国内に生まれる「勝…

  • 6

    インドネシア、首都の強盗摘発強化作戦 10日間で320…

  • 7

    移民がもたらす意外な経済的プラス効果

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 4

    最も安全で平和な国でアイスランドが11連覇 一方女…

  • 5

    金正恩「デート禁止令」に、北朝鮮大学生の不満が爆発

  • 6

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    オウム死刑で考えた──日本の「無宗教」の真実

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 3

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 10

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月