最新記事

大学

もう1つの<異端>大学教授──学歴はなくとも研究業績は博士に匹敵する人たち

2019年7月2日(火)18時50分
松野 弘(社会学者、大学未来総合研究所所長)

Gorodenkoff-iStock.

<博士号や教育・研究業績がなくても大学教授になれる現状を憂える記事を前回書いたが、そうした<異端>教授の中には実はすぐれた研究者もいる。彼らの共通点とは?>

日本の近代化は明治維新から始まったといわれている。その中心的な役割を担ったのが近代化を推進していく官僚を養成するための高等教育機関であり、その拠点が帝国大学(現在の東京大学)であった。

これは富裕階層の選ばれたエリ-トの子弟が行く高等教育機関であった。他方、家庭環境は豊かでなくとも、知的好奇心があり、学問研究への強い志のある、正統派のエリ-トではない<異端>の研究者もいた。後述の日本植物学の権威である牧野富太郎博士は、小学校卒業という学歴でありながら、東京帝国大学の講師まで務めた(教授にはなれなかったけれども)。

今回は歴史の表舞台にあまり登場していない、すぐれた<異端>の教授を紹介する。肩書ではなく、本物の大学教授とは何かを考える材料にしていただきたい。

【関連記事】なぜ、日本は<異端>の大学教授を数多く生み出したのか

学校は学問をする唯一の場ではない


「私は学校卒業証書や肩書で生活しない。私は、私自身を作り出したので、私一個人は私のみである。私は、自身を作り出さんとこれまで日夜苦心したのである。私の学問も私の学問である。......(中略)......私は道学者ではないが、......町の学者として甘んじている」(斉藤忠「鳥居龍蔵の業績」『日本考古学選集<6>鳥居龍蔵』築地書館、1974年)


「学問をするためには学校にいかなければならないというのは一つの常識。もしかしたらそれはとんでもない間違いなのでは。学校というのは勉強するための一つの場」(加藤秀俊『独学のすすめ――現代教育考』文藝春秋社、1978年)

「独学」とは、本来、学校にも通わず、専門家にも教えを乞うことなく、自分で学んでいくことであるが、本稿では正規の大学・大学院の学生として教授陣から学ぶことなく、学問を身につけ、当該専門領域ですぐれた研究をすることを指す。

かつて「独学」という言葉は、学歴社会のアンチテーゼ的な意味で使われ、いわゆる学歴なき人々が知的な精進をして、社会から注目される知的生産者になったことを意味していた。

冒頭の引用の言葉は、日本の人類学の始祖といわれている、独学の人類学者、考古学者、民族学者、民俗学者である鳥居龍蔵氏(1870-1953年)の独学者としての理念を示した至言である。

彼は徳島県徳島市の小学校を卒業後、中学校教師の指導を受けながら、独学で人類学を学び、1905年に東京帝国大学理科大学講師、1922年に同助教授、1923年に國學院大学教授、1928年に上智大学文学部長・教授、1939年に米国ハーバード大学燕京研究所客座教授(~1951年まで)と輝かしい経歴を自らの力で獲得している。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月