最新記事

投資

2019年の相場は「小幅な値動き」? 過去の亥年の日経平均を振り返ると...

2019年2月19日(火)06時50分
網代奈都子 ※株の窓口より転載

goc-iStock.

<日本には干支で相場の行方を占う格言がある。「こんなもの法則とは言えない」と一蹴していいものか。今年は亥年で、となると「亥固まる=小幅な値動きにとどまる」のだが......>

平成が終わり、新たな時代が始まる今年2019年の株式相場はどうなるのか――。いろいろな人からさまざまな予測が出ていますが、「なにひとつ確実なことはない」というのが株の世界の唯一の真実です。

干支で相場の行方を占う?

日本にはこんな相場格言があります。


辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)は笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)はつまずき、寅(とら)千里を走り、卯(うさぎ)は跳ねる

日本だけでなく世界の株式相場には、こうした「アノマリー(Anomaly)」がたくさんあり、法則と呼ぶには少々あやふや......ではあるものの時にはその通りになることもあり、何となく気にしている人も多いでしょう。

この干支アノマリーによれば「亥固まる」、つまり亥年の2019年は「小幅な値動きにとどまる」ということですが、実際のところ、過去の亥年の相場はどうだったのか。過去5回の亥年における日経平均株価の推移を振り返ってみましょう。

[こんな検証もやってます]
戌年は投資家が笑う? いろいろあった過去の戌年をプレイバック
株は「5月に売れ」って本当? 過去12年のセルインメイを検証してみた

2007年(平成19年)――リーマンショックの「火種」

kabumado190108-chart2.png

・年始の始値=17,322.50円
・年末の終値=15,307.78円 −2,014.72円(−11.63%)

年の始値と終値だけでも約9%下落しており、あまり「小幅な値動き」でもないですね。

チャートを見ると、日経平均は8月から大幅に下げていることがわかります。この要因は、フランスの大手銀行・BNPパリバが、サブプライムローンが組まれた傘下のファンドの解約を凍結したことで世界中の投資家がパニックになった、いわゆる「パリバ・ショック」によるものです。

世界経済を震撼させた「リーマン・ショック(リーマン・ブラザーズの破綻)」は翌2008年ですが、前年の時点で「サブプライムローンはヤバい!」という空気が漂っていたのに、それでも市場は止まることができなかったことがわかります。

【2007年の新語・流行語大賞】
・(宮崎を)どげんかせんといかん
・ハニカミ王子

1995年(平成7年)――阪神大震災・地下鉄サリン事件

kabumado190108-chart3.png

・年始の始値=19,724.76円
・年末の終値=19,868.15円 +143.39円(+0.73%)

年の始値と終値で比較すれば、まさに「小幅な値動き」となった年。しかし、その間には阪神・淡路大震災(1月17日)、そして地下鉄サリン事件(3月20日)があった国難の一年でした。

前年にはバブル崩壊の混乱が収束し、のちに「失われた20年」と言われる時代がスタート(他の区切り方をする場合もあります)。国内経済が振るわず貿易黒字が増したのはいいものの、アメリカがドル安(円高)政策を進めたことで一時は1ドル80円を切る超円高になりました。

【1995年の新語・流行語大賞】
・無党派
・NOMO
・がんばろうKOBE

なお「無党派」とは、東京・大阪の知事選で圧倒的基盤を持つ政党推薦候補を、無所属の青島幸男氏と横山ノック氏が破ったことによる一語。国難の一年で、新たな風を求めていたのかもしれません。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

仏コロナ感染者、3日連続で2500人超 パリが高感

ビジネス

米厚生省、マッケソンをコロナワクチン主要販売業者に

ビジネス

トランプ氏、コロナ追加対策へ準備万端 「民主党が妨

ビジネス

米中、15日予定の通商合意巡る会合延期=関係筋

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 7

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 8

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 7

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

  • 10

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月