最新記事

キャリア

STEAMとは何か 仕事を奪われる(?)AI時代を生き抜く教養

2018年3月16日(金)09時58分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

bowie15-iStock.

<STEMとSTEAMはどう違うのか。「A」の重要性とは? AI応用の最前線である航空管制の研究者が説く、AIを適度に恐れつつ、適切に活用するために必要な能力>

さまざまな分野でAI(人工知能)が話題になっている。「仕事が効率化される」とポジティブに受け入れる人もあれば、「仕事を奪われる」と警戒する意見もある。

AIによる車両の自動運転ひとつ取っても、「自動的にどこへでも、行きたい場所へ行ける」と歓迎する声がある一方、「空襲や暗殺まで自動化されてしまう」と、戦争やテロで悪用される危険性も指摘されている。

今週亡くなった宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士はかつて、「完全なるAIは自ら発展し、加速度的に自身を再設計し始め......人類の終焉をもたらす可能性がある」と述べたことがある。そして、グーグルは昨年末、AIが新たなAIを創り出すことに成功し、それは人間が創ったAIよりも効率的で優秀だと発表した。

「AI時代」は既に始まっている。果たして私たちは、この時代をどのようにして生きるべきなのだろうか。

人間にできてAIにできない仕事

この先AIで何が可能になるかではなく、この「AI時代」をどう生き抜いていくかを指南するのが、新刊『みんなでつくるAI時代――これからの教養としての「STEAM」』(CCCメディアハウス)だ。著者である伊藤恵理氏は、航空管制の研究者である。

近年、AIの主要な応用例として自動運転車の実用化が話題になっているが、「空の交通整理」である航空管制の世界では、いち早くAIが実用化されているのだという。空港では管制官の代わりにコンピューターが到着スケジューリング(滑走路に到着する航空機の順序付けと理想の到着時刻表の作成)を行い、国際線の民間機ではコックピットにAI制御の自動操縦システムが導入されている。

航空管制の世界でAI技術応用の最前線にいる著者によれば、人間にできてAIにできない仕事――すなわちAI時代に必要とされる仕事――は、主に3つに分けられるという。「社会のニーズと科学技術をつなぐ仕事」「物事の本質を分析する仕事」、そして「世界を舞台にコミュニケーションする仕事」だ。

例えば、航空管制のようなAI技術の応用例は、モヤモヤした現実から問題を抽象化し、仮説を立てて検証する姿勢がきっかけで生み出されているが、それを可能にしたのは人間の創造性だった。上記でいえば「物事の本質を分析する仕事」だ。

しばしば、AI時代に求められる能力は「クリエイティビティ(革新的な創造力)」や「コミュニケーション(意思疎通力)」だと、まるで合い言葉のように言及される。ただ、コミュニケーションはともかく、「クリエイティビティ」とは一体何だろうか。

本書では、ときに人々を眩惑しがちな「クリエイティブ」という言葉がほとんど使われていない。これからの私たちに求められている能力について、「国語が苦手なAIを超える想像力」「真実とファンタジーを区別する力」......といった具合に、読者がイメージしやすい説明をさまざまな角度から試みている。

「芸術(Art)」が新たな価値を創る

「STEM」という言葉をご存じだろうか。コンピューター全盛時代に必要とされる教育を構成する基本4要素である、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の頭文字を取ったキーワードだ。奇しくもstemには「木の幹」「草の茎」といった意味がある。

だが、「科学・技術・工学・数学が大事だ」と無邪気に並べられてしまうと、いわゆる文科系の方々は肩身が狭いかもしれない。

最近では「STEM」を発展させた「STEAM」の重要性が訴えられており、著者もこれからのAI全盛時代に必要なのは「STEAM」であると説く。科学、技術、工学、数学に加えて、芸術(Art)が必要だというのである。steamは「蒸気」の意にもつながる。推進力であり、発電タービンを回す原動力でもある。

ニュース速報

ビジネス

アングル:トランプ氏、くるくる変わる「ドル発言」の

ビジネス

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標

ビジネス

トランプ米大統領、FRBの利上げを再度批判 「米国

ワールド

アングル:カジノ関連国内企業の動き活発化へ、IR法

MAGAZINE

特集:人生が豊かになるスウェーデン式終活

2018-7・24号(7/18発売)

「自分らしい生き方を最後まで全うしたい」と望む世界の高齢者が注目する北欧式「最後の断捨離」とは

人気ランキング

  • 1

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 2

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方がいい深いワケ

  • 3

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる

  • 4

    トイレ普及急ぐインド 「辱め」を受ける外で排泄す…

  • 5

    ロシア、兵士や戦車を隠す「透明マント」を開発

  • 6

    感情をうまくコントロールできない子に育つ ヘリコ…

  • 7

    「ありがとう日本」中国人のワールドカップ反省会

  • 8

    自らを「ユダヤ人国家」と定めたイスラエルは、建国…

  • 9

    「性の喜び」ピークは64歳、90歳でも現役! その理…

  • 10

    世界で10万人以上が学んできた「先延ばし」克服の科…

  • 1

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

  • 2

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 3

    インドの性犯罪者が野放しになる訳

  • 4

    インドネシア、住民死亡の敵討ちでワニ292匹を虐殺 …

  • 5

    キャサリンVSメーガン! 英王室に勃発したファッシ…

  • 6

    実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

  • 7

    タイ洞窟の少年たちの中には、無国籍だが5カ国語を話…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    米ロ会談、プーチンの肩持った裏切り者トランプにア…

  • 10

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 1

    史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感染、東南アジアで

  • 2

    美しいビーチに半裸の美女、「中国のハワイ」にまだ足りないもの

  • 3

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外が注目 アメリカでは19世紀から軍で研究も

  • 4

    悪臭で飛行機を降ろされた男性、体組織が壊死する感…

  • 5

    金正恩の背後の足場に「死亡事故を予感」させる恐怖…

  • 6

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 7

    金正恩の「美少女調達」システムに北朝鮮国民が怒り

  • 8

    世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ

  • 9

    【悲報】感電して牛が死に、飼い主が死に、助けよう…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

特別編集 ジュラシックパークシリーズ完全ガイド

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月