最新記事

キャリア

STEAMとは何か 仕事を奪われる(?)AI時代を生き抜く教養

2018年3月16日(金)09時58分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

bowie15-iStock.

<STEMとSTEAMはどう違うのか。「A」の重要性とは? AI応用の最前線である航空管制の研究者が説く、AIを適度に恐れつつ、適切に活用するために必要な能力>

さまざまな分野でAI(人工知能)が話題になっている。「仕事が効率化される」とポジティブに受け入れる人もあれば、「仕事を奪われる」と警戒する意見もある。

AIによる車両の自動運転ひとつ取っても、「自動的にどこへでも、行きたい場所へ行ける」と歓迎する声がある一方、「空襲や暗殺まで自動化されてしまう」と、戦争やテロで悪用される危険性も指摘されている。

今週亡くなった宇宙物理学者のスティーブン・ホーキング博士はかつて、「完全なるAIは自ら発展し、加速度的に自身を再設計し始め......人類の終焉をもたらす可能性がある」と述べたことがある。そして、グーグルは昨年末、AIが新たなAIを創り出すことに成功し、それは人間が創ったAIよりも効率的で優秀だと発表した。

「AI時代」は既に始まっている。果たして私たちは、この時代をどのようにして生きるべきなのだろうか。

人間にできてAIにできない仕事

この先AIで何が可能になるかではなく、この「AI時代」をどう生き抜いていくかを指南するのが、新刊『みんなでつくるAI時代――これからの教養としての「STEAM」』(CCCメディアハウス)だ。著者である伊藤恵理氏は、航空管制の研究者である。

近年、AIの主要な応用例として自動運転車の実用化が話題になっているが、「空の交通整理」である航空管制の世界では、いち早くAIが実用化されているのだという。空港では管制官の代わりにコンピューターが到着スケジューリング(滑走路に到着する航空機の順序付けと理想の到着時刻表の作成)を行い、国際線の民間機ではコックピットにAI制御の自動操縦システムが導入されている。

航空管制の世界でAI技術応用の最前線にいる著者によれば、人間にできてAIにできない仕事――すなわちAI時代に必要とされる仕事――は、主に3つに分けられるという。「社会のニーズと科学技術をつなぐ仕事」「物事の本質を分析する仕事」、そして「世界を舞台にコミュニケーションする仕事」だ。

例えば、航空管制のようなAI技術の応用例は、モヤモヤした現実から問題を抽象化し、仮説を立てて検証する姿勢がきっかけで生み出されているが、それを可能にしたのは人間の創造性だった。上記でいえば「物事の本質を分析する仕事」だ。

しばしば、AI時代に求められる能力は「クリエイティビティ(革新的な創造力)」や「コミュニケーション(意思疎通力)」だと、まるで合い言葉のように言及される。ただ、コミュニケーションはともかく、「クリエイティビティ」とは一体何だろうか。

本書では、ときに人々を眩惑しがちな「クリエイティブ」という言葉がほとんど使われていない。これからの私たちに求められている能力について、「国語が苦手なAIを超える想像力」「真実とファンタジーを区別する力」......といった具合に、読者がイメージしやすい説明をさまざまな角度から試みている。

「芸術(Art)」が新たな価値を創る

「STEM」という言葉をご存じだろうか。コンピューター全盛時代に必要とされる教育を構成する基本4要素である、科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)、数学(Mathematics)の頭文字を取ったキーワードだ。奇しくもstemには「木の幹」「草の茎」といった意味がある。

だが、「科学・技術・工学・数学が大事だ」と無邪気に並べられてしまうと、いわゆる文科系の方々は肩身が狭いかもしれない。

最近では「STEM」を発展させた「STEAM」の重要性が訴えられており、著者もこれからのAI全盛時代に必要なのは「STEAM」であると説く。科学、技術、工学、数学に加えて、芸術(Art)が必要だというのである。steamは「蒸気」の意にもつながる。推進力であり、発電タービンを回す原動力でもある。

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 5

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 6

    レーダー照射問題が暗示する「日米韓同盟」の未来

  • 7

    韓国は、「反日」ではなく「卑日」になったのか?

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月