最新記事

自動車

交通事故で、運転者の安全ばかり重視してきた自動走行車に米当局がメス

Keeping Safe From Teslas

2021年9月2日(木)17時54分
デービッド・ジッパー(ハーバード・ケネディスクール客員教授)
テスラ車

テスラ車の売り上げは好調だが運転支援システムの安全性には疑問符が付く TORU HANAIーBLOOMBERG/GETTY IMAGES

<「オートパイロット」への厳格な取り締まりに向けた調査開始で、アメリカの交通政策は歩行者の安全重視へと変わるか>

米高速道路輸送安全局(NHTSA)が、米電気自動車大手テスラの取り締まりに向けて動きだした。過去30件の衝突事故に絡んでいるとみられるテスラの運転支援システム「オートパイロット」の調査開始を、8月16日に発表したのだ。

オートパイロットは、走行中の車線変更や速度調整などを管理するシステム。あくまで運転を「支援」するものだが、多くのドライバーがこれを過信し、完全自律型運転システムのように誤用してきた。

調査は、オートパイロット搭載のテスラ車が少なくとも11回、停車中の緊急車両に衝突した原因に焦点を絞って行われる。その結果次第でNHTSAはテスラに「欠陥」の是正を求めることができ、応じない場合は重い罰金を科す可能性がある。

テスラは電気自動車製造で先駆的な立場にあるが、自動運転をめぐる戦略は以前から無謀だと批判されてきた。米国家運輸安全委員会(NTSB)は長年にわたってNHTSAに対し、テスラのオートパイロットと、それを進化させたフルセルフドライビング(FSD=完全自動運転)の開発を規制するよう働き掛けてきた。

問題は、テスラが他社との競争で優位に立つために、オートパイロットおよびFSDの設計と搭載を優先して安全性を犠牲にしてきたことだ。同社は2つのシステムに紛らわしい名称を付け、ドライバーの過信や誤解を誘った。しかも高性能のドライバー監視システムの導入を拒み、所定の道路状況においてオートパイロットの起動が安全か否かという判断をドライバーに委ねた。

競合各社もいわゆる先進運転支援システムの開発を進めているが、今のところテスラよりもかなり慎重に取り組んでいる。連邦当局が厳しい取り締まりを始めれば、これらの企業がテスラの無謀なやり方をまねしないように促す効果が期待できる。

テスラ車に乗っていなかった側の被害者

NHTSAの調査には、ほかにも期待できる点がある。事故の際、テスラ車に「乗っていなかった」側の人々を重視していることだ。

例えば救急隊員。事故に巻き込まれた人の状態を確認するために、緊急車両を路肩に止めていた場合、そこに突進してくるテスラ車から救急隊員がわが身を守る方法はない。

歩行者や自転車に乗っている人も同じだ。ますます重く、大きくなり、歩行者や自転車利用者のような「路上の弱者」にとってさらに危険になっていく自動車の設計について、彼らは何もできない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国恒大会長、10年以内に新エネルギー車を主要事業

ビジネス

米上院財政委員長、富裕層向け所得税を提案

ビジネス

中国国家主席、石炭・電力の安定供給図ると表明=国営

ワールド

アングル:対中関係で「責任」示せるか、米政権が首脳

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 3

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年越しに根絶 米

  • 4

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 7

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 8

    映画『アメリカン・スナイパー』のネイビー・シール…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    日本語を職業にする外国人だからこそ分かる「日本語…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月