ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

トランプ新政権 波乱の船出

トランプ新政権 波乱の船出

「アメリカ第一主義」を最優先に掲げるトランプ新政権の、予測不能な舵取り Lucy Nicholson-REUTERS

2017.01.17

核戦争

地球規模の破壊力示したトランプ──1人の人間が終末時計を進めたのは初めて

2017.01.27
メキシコ

ペニャニエトが「国境の壁」建設を阻止するための7つの切り札

2017.01.26
米政権

トランプの「嘘」まとめ(就任式、対日要求ほか)

2017.01.26
環境

トランプ、想像を絶する環境敵視政策が始まった──排ガス規制の米EPAに予算削減要求とかん口令

2017.01.25
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ウソを恥じないトランプ政権に、日本はどう対応するべきか

<80年代の感覚で日本批判を続けるトランプがやっかいなのは、「劇場型パフォーマンス」のためには平然とウソをつくところ>(写真:今週TPP離脱

2017.01.24
アメリカ政治

「反トランプ」デモ、女性中心に全米で500万人規模 海外にも波及

2017.01.23
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ就任演説、挑発的な姿勢はどこまで本物なのか?

<新大統領の就任演説は「アメリカ再建」を謳う挑発的なもの。しかし過激な政策はあくまでもコア支持層向けのパフォーマンスで、多分に現実的な政策を

2017.01.21
現地リポート

テレビに映らなかったトランプ大統領就任式

2017.01.21
米大統領

【写真特集】トランプ就任、「ポピュリスト大統領」の誕生

2017.01.21
日米関係

保護主義打ち出すトランプ大統領、日米関係は混迷の時代へ?

2017.01.21
アメリカ政治

ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文(英語)

2017.01.21
アメリカ政治

ワシントンが要塞化、トランプ就任式への抗議デモに備え

2017.01.20
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

<当初からトランプを支持してきた「民主党的」政策を求める支持者と、選挙戦終盤から勝ち馬に乗った「共和党本流」の間には、志向する政策上、深刻な

2017.01.19
抵抗

トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

2017.01.16
アメリカ政治

トランプとロシアの「疑惑文書」を書いた英元情報部員の正体

2017.01.13
アメリカ政治

「トランプはロシアに弱みを握られている」は誤報なのか

2017.01.12
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ初会見は大荒れ、不安だらけの新政権

<大統領就任を目前に控えて当選後初の記者会見を開いたトランプ。CNNの記者と非難の応酬になったり、自分のビジネスの「利益相反」問題への対策は

2017.01.12
アメリカ経済

米共和党はトランプ経済政策にNOと言えるか

2017.01.11
トランプ次期政権

トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

2017.01.10
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トヨタと日本は「トランプ砲」に振り回されるな

<トヨタのメキシコ新工場建設に反対するトランプの「脅迫」は、パフォーマンスに過ぎない。企業だけでなく日本政府や自治体までが振り回されるのは良

2017.01.10
経済ニュースの文脈を読む 加谷珪一

トランプ政権誕生で2017年は貿易摩擦再来の年になる?

<トランプ政権における経済チームの顔ぶれをみると1980年代の対日貿易交渉を彷彿させる。米国の景気は加速する可能性が高いが、果たして日本など

2017.01.10

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    中国に出荷されるミャンマーの花嫁──娘たちを売る少…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!