ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

トランプ新政権 波乱の船出

トランプ新政権 波乱の船出

「アメリカ第一主義」を最優先に掲げるトランプ新政権の、予測不能な舵取り Lucy Nicholson-REUTERS

2017.01.17

核戦争

地球規模の破壊力示したトランプ──1人の人間が終末時計を進めたのは初めて

2017.01.27
メキシコ

ペニャニエトが「国境の壁」建設を阻止するための7つの切り札

2017.01.26
米政権

トランプの「嘘」まとめ(就任式、対日要求ほか)

2017.01.26
環境

トランプ、想像を絶する環境敵視政策が始まった──排ガス規制の米EPAに予算削減要求とかん口令

2017.01.25
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ウソを恥じないトランプ政権に、日本はどう対応するべきか

<80年代の感覚で日本批判を続けるトランプがやっかいなのは、「劇場型パフォーマンス」のためには平然とウソをつくところ>(写真:今週TPP離脱

2017.01.24
アメリカ政治

「反トランプ」デモ、女性中心に全米で500万人規模 海外にも波及

2017.01.23
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ就任演説、挑発的な姿勢はどこまで本物なのか?

<新大統領の就任演説は「アメリカ再建」を謳う挑発的なもの。しかし過激な政策はあくまでもコア支持層向けのパフォーマンスで、多分に現実的な政策を

2017.01.21
現地リポート

テレビに映らなかったトランプ大統領就任式

2017.01.21
米大統領

【写真特集】トランプ就任、「ポピュリスト大統領」の誕生

2017.01.21
日米関係

保護主義打ち出すトランプ大統領、日米関係は混迷の時代へ?

2017.01.21
アメリカ政治

ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文(英語)

2017.01.21
アメリカ政治

ワシントンが要塞化、トランプ就任式への抗議デモに備え

2017.01.20
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ支持者が抱える、ある深刻な分裂

<当初からトランプを支持してきた「民主党的」政策を求める支持者と、選挙戦終盤から勝ち馬に乗った「共和党本流」の間には、志向する政策上、深刻な

2017.01.19
抵抗

トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

2017.01.16
アメリカ政治

トランプとロシアの「疑惑文書」を書いた英元情報部員の正体

2017.01.13
アメリカ政治

「トランプはロシアに弱みを握られている」は誤報なのか

2017.01.12
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ初会見は大荒れ、不安だらけの新政権

<大統領就任を目前に控えて当選後初の記者会見を開いたトランプ。CNNの記者と非難の応酬になったり、自分のビジネスの「利益相反」問題への対策は

2017.01.12
アメリカ経済

米共和党はトランプ経済政策にNOと言えるか

2017.01.11
トランプ次期政権

トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

2017.01.10
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トヨタと日本は「トランプ砲」に振り回されるな

<トヨタのメキシコ新工場建設に反対するトランプの「脅迫」は、パフォーマンスに過ぎない。企業だけでなく日本政府や自治体までが振り回されるのは良

2017.01.10
経済ニュースの文脈を読む 加谷珪一

トランプ政権誕生で2017年は貿易摩擦再来の年になる?

<トランプ政権における経済チームの顔ぶれをみると1980年代の対日貿易交渉を彷彿させる。米国の景気は加速する可能性が高いが、果たして日本など

2017.01.10

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 2

    「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背けたくなるメッセージ

  • 3

    「囚人式」コンディショニングが、ビジネスパーソンに必要な理由

  • 4

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

  • 7

    すべてのパソコンをタブレットに変えたら、どれぐら…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    全米を震撼させた裏口入学スキャンダル、その驚きの…

  • 10

    巨額負債から回復するも高くついたゴーン流経営 日…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 7

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正男暗殺実行犯の女性被告1人を釈放・帰国 マレー…

  • 10

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 3

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!