コラム

戦争を正当化したラムズフェルドの「名言」が、自らを苦しめる(パックン)

2021年07月14日(水)11時42分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
ラムズフェルド元国防長官(風刺画)

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<イラク戦争当時に発した、かの有名な「知らないと知らない」発言が表すラムズフェルド元国防長官の人物像>

アメリカ人が2000年代に「ドナルド」と聞いたら、俳優のサザーランドさんやディズニーのダックさんを思い浮かべただろう。でも彼らよりも先に脳裏をよぎったのがドナルド・ラムズフェルドだった人も結構いるはずだ。

ラムズフェルドは1970年代にフォード政権でも史上最年少の国防長官だったので、00年代の登板は実は2回目。約25年ぶりにブッシュ政権で再び政界に登場したことになる。サンタナの音楽とほぼ同じタイミングで返り咲いたのだ。

ブランクの間は製薬会社や機器メーカーのCEOとして次々と会社を大成功に導いた手腕の持ち主だった。長官としては、米軍が機動的に作戦を実行できるように国防総省の大胆な改革に取り組んだ。ビジョンも才能も、活動力、影響力もあったそのラムズフェルドは6月29日に亡くなった。

では、なぜ風刺画では彼が地獄に降りるシーンを描いているのか。それは、ラムズフェルドがイラク戦争の責任者の1人だからだ。2001年の同時多発テロの直後にラムズフェルドはイラクへの攻撃を狙い始めた。9.11と関係ないのに。

その後、攻撃の口実として、イラクの大量破壊兵器の所在を知っていると、ラムズフェルドは主張した。本当は存在もしないのに。そんなウソや勘違いに基づいた戦争は、8年間続いた。米軍の4000人以上、イラク国民の15万人以上が亡くなっただけではなく、地域が不安定になり、過激派組織「イスラム国」(IS)の台頭にもつながったとされる。

さらに、米軍が超法規的に大勢の「戦闘員」を拘束し、その一部を拷問したことも国際社会でのアメリカの評判を失墜させた。だからwarmongers(主戦論者)とtorturers(拷問する人)のエスカレーターにラムズフェルドは乗っている。

総合点として、イラクの侵略は「米史上最悪の判断」だったと、ある専門家は酷評する。そう断言したのも、もう1人のドナルド。つまり、トランプさん。歴史や外交ではなく「間違った判断」の専門家だけどね。

大量破壊兵器の証拠がないことについて聞かれたとき、ラムズフェルドは「知っていること」、「知らないと知っていること」、「知らないことさえ知らないこと」と、情報を3つの種類に分けて弁解をして、報道陣を煙に巻いた。これが彼を迎え入れるサタンの歓迎の言葉に使われている。

死者を風刺するのは不謹慎かもしれない。果たして罰が当たるのか、当たらないか。それも「知らないのを知らないこと」だろうね。

ポイント

WELCOME TO THE "UNKNOWN UNKNOWNS," SECRETARY RUMSFELD!

ラムズフェルド長官、「知らないことも知らない」世界にようこそ!

20211102issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月2日号(10月26日発売)は「DXで復活する日本の製造業」特集。半導体、食品、メーカー、部品……デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変え始めた


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

仏消費者信頼感指数、10月は99に低下 物価上昇を

ビジネス

オープン外債に慎重、円金利資産減少 超長期債は購入

ビジネス

ユーロ圏企業向け融資、9月は伸び加速 なおコロナ前

ワールド

香港議会、映画の検閲強化する条例可決 「国家の安全

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 2

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけられた「デブ穀物」その実態とは

  • 3

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    移動を邪魔して怒りを買った男性が、野生ゾウに踏ま…

  • 6

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 7

    トヨタが半導体不足で減産する一方、テスラが生産台…

  • 8

    中国の不動産危機、見えてきた2つのシナリオ

  • 9

    「眞子さまは海外脱出を選ぶしかなかった」 反論でき…

  • 10

    「クアッド」とは何か:安倍前首相が提唱し、豪州が…

  • 1

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 2

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

  • 3

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 8

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 9

    実は和食にもたっぷり 日本がアメリカに押しつけら…

  • 10

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中