コラム

全米を震撼させた議会乱入事件を、観光ツアーだったことにしたい共和党

2021年06月02日(水)19時49分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
米共和党の歴史修正主義についての風刺画

©2021 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<米共和党のクライド議員は「普通の観光ツアー」だったと、とんでもない理屈で参加者たちを擁護>

1775年4月18日、アメリカ独立戦争の開戦前夜。イギリス軍襲来を警告すべく、ボストンの銀細工師ポール・リビアが馬を走らせたのがいわゆる「真夜中の騎行」だ。リビアはThe British are coming!(イギリス軍が来る!)と叫んだとされるが、史実かどうかは定かではない。しかし、風刺画のようにイギリス人の「観光客(tourists)が来る!」とは確実に叫んでいない。「今すぐぬるいビールと味気ない食事を!」と、お客さんを迎える準備を呼び掛けたわけではないから。

1941年12月7日、真珠湾攻撃があった。翌日フランクリン・ルーズベルト大統領は連邦議会でA date which will live in infamy(将来、恥辱として記憶に刻まれる日になる)と言い、アメリカは第2次大戦に参戦した。確実にJapanese Tourism Infamy!(日本の観光における恥辱!)とは言っていない。若おかみが布団を敷き忘れた日の話ではないから。

2021年1月6日、連邦議会の議事堂に大勢のトランプ支持者が乱入した。大統領選の投票結果を認めず、暴力でトランプ政権の維持を図ったこの愚行は反逆行為、反乱、暴動など人によって呼び方が異なるが確実にnormal tourist visit(普通の観光ツアー)ではない......はず。しかし、共和党のアンドリュー・クライド議員はこう言って暴動を擁護した。

その根拠として、クライドは参加者が彫刻展示エリアを秩序立って歩き、写真やビデオを撮影していたことを挙げている。

確かに、議事堂のガラスを割り侵入するシーン、「副大統領の首をつれ!」と叫ぶシーン、警察官を暴行するシーン、議員の事務所から物を盗むシーンなどに紛れて、秩序正しく歩いている映像もテレビで流れた。しかし、それをもって暴力で政権を覆そうとした行為を正当化するのはとんでもない歴史修正主義(revisionism)にほかならない。

当時スマホがあれば、ボストンへ進軍するイギリス軍の何人かは本場のクラムチャウダーを撮影してインスタ映えを狙ったことだろう。日本軍にはハワイの火山ダイヤモンドヘッドをバックにセルフィーを撮るゼロ戦パイロットもいたかもしれない。観光っぽく映る場面があっても攻撃は攻撃だ。

ちなみに、400人以上の乱入参加者が起訴されているという。きっと喜んでいるだろう。裁判所や刑務所など、普段見られない政府の施設内の楽しいツアーが続くから!

ポイント

GOP REVISIONIST HISTORY...
共和党の歴史修正の歴史

WE'RE WALKING...
俺たちはただ歩いてるだけ...

INSURRECTION TOUR
暴動ツアー

20210928issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月28日号(9月22日発売)は「予防医療の時代」特集。「治す」から「防ぐ」へ――ゲノム検診で異常検知し、マイクロRNA解析が癌を超早期に発見。極小ナノマシンが細胞診断する日も近い


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

インド国営生保大手のIPO、中国からの投資を阻止か

ビジネス

金融庁、みずほに業務改善命令 システム運営の監督強

ビジネス

南欧の銀行は気候変動に脆弱、融資先にリスク=ECB

ワールド

タイ、外国人観光客の受け入れを11月に延期 バンコ

MAGAZINE

特集:予防医療の時代

2021年9月28日号(9/22発売)

病気は「治す」から「防ぐ」へ......ゲノム検診で異常検知し超極小「ナノマシン」が細胞診断する日も近い

人気ランキング

  • 1

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 2

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 3

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因。日本の順位は?

  • 4

    生放送の天気予報に堂々と映り込む犬「おやつが欲し…

  • 5

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 6

    中国版リーマン・ショック、「恒大」破綻危機で世界…

  • 7

    経済依存してきた中国に、真っ向から歯向かうオース…

  • 8

    米GMと韓国LG、相次ぐEVバッテリー発火事故で「仮面夫…

  • 9

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「携帯キャリアと正反対」 ネットフリックスが幽霊会員を退会させる狙いとは?

  • 2

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 3

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 4

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 5

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 6

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 7

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 8

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 9

    国石「ヒスイ」が生まれる東西日本の境界を歩く

  • 10

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 5

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 6

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 7

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 8

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 9

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 10

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中