コラム

トランプがすがる「白人主婦」幻想へのノスタルジー(パックン)

2020年08月27日(木)18時00分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
トランプがすがる「白人主婦」幻想へのノスタルジー(パックン)

A Suburban White Supremacy / ©2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<トランプが実現したいのは安定した家庭環境や好景気ではなく、近くに黒人を住まわせない差別的な住宅環境制度?>

ジューン・クリーバーは白黒テレビ時代にはやった米シットコム『ビーバーちゃん』に登場する主人公のお母さん。アメリカ「黄金時代」の郊外に住む典型的な白人家族の象徴だ。漫画ではトランプ大統領が自らの選挙スローガンをもじった言葉で、そんな白人専業主婦の偉大さを取り戻すとエプロンで主張している。

漫画のトランプ母さんは白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)の頭巾を模したクッキーを焼いている。「黄金時代」といっても、先進的な北部も含めて多くの街に黒人が住めない地区があった。ビーバーちゃんは心温まるファミリードラマではあるが、白人のみの「理想」を描いている。実際、公民権運動真っ最中の1957年から63年の間に放送された全234回中、黒人がしゃべったのは1回だけ。テレビは白黒でも、映っていた社会は白のみ。

トランプは最近、ビーバーちゃんを懐かしむような人へ猛アピールしている。しかし、安定した家庭環境や好景気などではなく、近くに黒人を住まわせない差別的な住宅環境制度を恋しく思っているようだ。先月、トランプは住宅の公平な提供を保障するべくオバマ政権下で実施された規制の廃止を決めた。「夢の郊外生活を生きる皆さんに喜んでお知らせします。あなた方は二度と近所の低所得者向け住宅による経済的損失や迷惑を受けなくなります。あなたの家の価格は上がり、犯罪は減る」とツイートし、規制撤廃を発表したのだ。

「低所得者」はアメリカのレトリックにおいて昔から黒人を指すtrope(比喩表現)としてよく用いられる。暗号を解読すると、トランプは「黒人が近くに住むのは迷惑で損。黒人は近所の価値を下げる犯罪者だ」と言っていると、批判の声が上がった。

もちろん、実際にそんな意味で言ったか、僕には分からない。昔、トランプは持ちビルの部屋を黒人に貸さなかったことで訴追されたこともあるし、差別的な意思があるのかもしれない。しかし、アフリカの諸国を「クソだめ国家」とさげすんだり、メキシコからの移民を「犯罪者」「レイプ犯」などと誹謗したりもしているから、差別的なことを言いたいときは暗号なんか使わないかもしれないね。

【ポイント】
TRUMP 2020: SAVING SUBURBAN HOUSEWIVES ONE TROPE AT A TIME...
トランプ2020:比喩表現で郊外の主婦を救う

MAKE JUNE CLEAVER GREAT AGAIN
ジューン・クリーバーの偉大さを再びポイント

WHO WANTS COOKIES?
クッキーはいかが?

<本誌2020年9月1日号掲載>

【関連記事】大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出
【関連記事】「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったので、一般の方はご注意下さい

【話題の記事】
12歳の少年が6歳の妹をレイプ「ゲームと同じにしたかった」
コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず
異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲まない理由が悲しすぎる
介護施設で寝たきりの女性を妊娠させた看護師の男を逮捕

20200901issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年9月1日号(8月25日発売)は「コロナと脱グローバル化 11の予測」特集。人と物の往来が止まり、このまま世界は閉じるのか――。11人の識者が占うグローバリズムの未来。デービッド・アトキンソン/細谷雄一/ウィリアム・ジェーンウェイ/河野真太郎...他

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

ロシア、コロナワクチン治験を一部停止 登録増加で不

ワールド

ゴーン被告支援の2容疑者、米が日本引き渡し承認 移

ワールド

仏ニース教会襲撃で3人死亡、イスラム過激派の「テロ

ワールド

米モデルナ、11月にコロナワクチンの治験データ公表

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 7

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    中国共産党化する日本政治

  • 10

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!