コラム

正義と公正が叫ばれる時代に、バー司法長官が倒したい「正義の女神」像(パックン)

2020年07月10日(金)18時40分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
正義と公正が叫ばれる時代に、バー司法長官が倒したい「正義の女神」像(パックン)

Joining the Crowd / ©2020 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<白人警官による黒人男性殺害事件への抗議が発展し、奴隷制維持のために戦った将軍らの銅像が撤去される中、司法長官はというと...>

黒人男性ジョージ・フロイド殺害事件後の抗議が続くなか、アメリカ各地で公共の場にある銅像がデモ隊によって引き倒されたり、または管轄機関によって正式に撤去されたりしている。奴隷制維持のために戦った南軍のリー将軍や、新世界における奴隷貿易や先住民大虐殺のきっかけをつくったコロンブスの像が代表的な例だ。

国民全員にとっての正義や公平な社会を求める声が高まり、それに反する思想や行動を象徴する人物をアイコン(像、崇拝対象の偶像)として飾ってはいけない時代だ。中には何を間違ったか、奴隷制度の廃止論者で北軍のために戦って戦没した英雄の像もデモ隊に倒されたけど。忠実な犬を求めるデモ隊が、ハチ公の像を倒すような皮肉だ。

でも、それよりも皮肉なのは風刺画が描写している事態。正義と公正さが最も求められているなか、まさにその象徴である「正義の女神像」をウィリアム・バー司法長官が引き下ろそうとしている。

彼は何をやったのか? ドナルド・トランプ大統領による司法妨害などの違法行為を指摘するロバート・ムラー特別検察官(当時)の報告書の内容を曲げ、「トランプ無罪」の解釈を国民に伝えた。トランプ側近が有罪となった裁判に介入し、結果的に求刑を引き下げた。別のトランプ側近が罪状を認めた裁判にも介入し、訴追自体を取り下げようとした。また別のトランプ側近が実刑を食らった事件に絡むトランプ企業、トランプ一族、トランプ本人への捜査をやめるよう検察に圧力をかけた。さらに、これらとは違う複数の件を捜査中のニューヨーク州の連邦検事を解任した。どの件も前代未聞の権力乱用と批判された。

上記の件は超簡略化して書いたけど、ウィリアム・バー、ロジャー・ストーン、マイケル・フリン、ニューヨーク州南部地区連邦地検などのキーワードで検索するとすぐ見つかるはず。ただ、正義感の強い人なら体調を崩す恐れがあるので、事前に吐き気止めを飲んだりしてからの閲覧がおすすめ!

正義の女神は金、権力、地位などに惑わされないように目隠しをし、証拠や証言を量るためのてんびんと、判決を執行するための剣を持っている。確かに、バー長官はそんなアイコンを好まなさそう。彼は両目で相手をしっかり見分け、自分の味方を守り、政敵に権威の剣を振り下ろす「政治の女神」を崇拝しているようだ。

【ポイント】
AS LONG AS WE'RE TOPPLING ICONS WE DON'T LIKE...
どうせみんなが嫌いな像を倒しているなら、ついでに......

<本誌2020年7月14日号掲載>

【関連記事】酔ってもいない司法長官に、なぜかトランプは美しく見えている(パックン)

【話題の記事】
NASCAR開幕戦「デイトナ500」をトランプ大統領が自ら先導
米シアトルで抗議デモ隊が「自治区」設立を宣言──軍の治安出動はあるか
巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされた黒人の遺体発見が相次ぐ

20200714issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年7月14日号(7月7日発売)は「香港の挽歌」特集。もう誰も共産党を止められないのか――。国家安全法制で香港は終わり? 中国の次の狙いと民主化を待つ運命は。PLUS 民主化デモ、ある過激派の告白。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

街角景気、7月は前月比+2.3ポイント 企業・雇用

ワールド

米シアトル市議会、警察予算の1%弱削減を承認 追加

ワールド

商船三井が運航の「わかしお」、年次検査で問題見つか

ワールド

新型コロナ、東京都内で188人の感染確認

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い面もある

  • 3

    日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

  • 4

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 5

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 6

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 7

    「私は恵まれていたが、ディケンズで社会の不平等を…

  • 8

    韓国サムスン、インドのスマホ市場で巻き返し 反中…

  • 9

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!