コラム

気候変動や銃規制の問題に立ち向かうには「子供のようにならなければ......」(パックン)

2019年10月19日(土)13時10分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
気候変動や銃規制の問題に立ち向かうには「子供のようにならなければ......」(パックン)

Today's Young Prophets / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<世界の大人たちに気候変動への「本気」の取り組みを求めた16歳のグレタの訴えは、大きな話題を呼んだ>

ロン毛にひげ。といえばイエス様だね。風刺画のセリフは新約聖書のマタイによる福音書からのお言葉。Truly I say unto you(はっきりと伝えておこう)と弟子の耳を引き付けてから、unless you change and become like little children(心を入れ替えて、小さな子供のようにならなければ)と続く。聖書では、この後は You will never enter the kingdom of heaven(決して天国に入ることはなかろう)となるが、風刺画では You're all screwed!(おまえら、とんでもない目に遭うぞ)と、少し下品な俗語で警告している。ほら、だてに比較宗教学部を卒業していないよ、僕は!

イエス様のそばには「地球を救え!(Save Our Planet!)」とか「銃の暴力を今すぐ終わらせて!(End Gun Violence Now!)」と呼び掛ける子供たちがいる。三つ編みの少女は16歳のスウェーデン人活動家、グレタ・トゥーンベリちゃんっぽい。彼女は9月の国連気候行動サミットでスピーチしたことや、そのために飛行機より環境に優しいヨットで大西洋を渡ったことが大きな話題を呼んだ。小さな話題を呼んだのは、ヨットの乗組員はニューヨークに着いたら飛行機で帰国したことや、復路担当の乗組員がニューヨークまで飛行機で来たこと。結局、子供の船旅のために複数の大人が飛行機に乗っているのだ。

眼鏡の子はおそらくフロリダ州パークランドの高校生。彼らは昨年2月の銃乱射事件で17人もの仲間が撃ち殺された後、全国に広まる運動を起こした。グレタと同じように、同志の学生を集めて、銃規制を求める大規模なデモ行進をワシントンで行い、多くの州法改正につなげたといわれる。

グレタの影響は世界中に及ぶ。ストライキを呼び掛け、平日の昼間に185カ国で数百万人規模の「不登校デモ」を起こした。温暖化の真の被害者である若者にとって、大人の意識を高めながら、学校もさぼれる最高の運動だ。

少しちゃかしている僕だが、子供の運動家を心から応援している。イエス様もそうだろう。上記の言葉の直後に「子供をつまずかせる者は、大きな石臼を首に掛けられ、深い海に沈められたほうがましだ」と言っている。宗教に関係なく、グレタたちが成功するように祈るしかない。彼女たちがつまずいたら、石臼を掛けられなくても海水面の上昇でみんな沈んじゃうかもしれないから。

銃による被害は地理的に限定されるが、規制強化を願いたい。でも、アメリカの銃愛好家は手ごわい相手。彼らが言うには、自己防衛のために欠かせない。イエス様だって銃を持っていたら磔(はりつけ)にはされなかった、とか言いかねない。

<本誌2019年10月22日号掲載>

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

米住宅着工件数、10月3.8%増 許可件数12年5

ワールド

ロシア、協調減産拡大に反対 現行維持は賛同=関係筋

ビジネス

足元の金利は適切、物価目標の持続的達成は間近=NY

ワールド

トルコ大統領「ロシア製ミサイル破棄せず」、トランプ

MAGAZINE

特集:プラスチック・クライシス

2019-11・26号(11/19発売)

便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

人気ランキング

  • 1

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たGSOMIA問題の本質

  • 2

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

  • 3

    中国は「ウイグル人絶滅計画」やり放題。なぜ誰も止めないのか?

  • 4

    余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

  • 5

    米中貿易協議は既に破綻しかけている

  • 6

    香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

  • 7

    モンゴルでマーモットの生肉を食べた夫婦がペストに…

  • 8

    野党の「桜を見る会」追及にはなぜ迫力がないのか

  • 9

    米韓、在韓米軍駐留費巡る協議わずか1時間で決裂 今…

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 1

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 2

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

  • 6

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 7

    「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

  • 8

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

  • 9

    香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 2

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 3

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

  • 4

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

  • 8

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 9

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 10

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!