コラム

NYT風刺漫画の掲載中止は残念過ぎる(パックン)

2019年07月06日(土)10時45分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
NYT風刺漫画の掲載中止は残念過ぎる(パックン)

No More Cartoons! / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<独立戦争の時代から、風刺漫画はアメリカの歴史と切り離せない>

笑えない漫画はある(笑ってもらえない漫才もあるが、それは別物だ)。ナチス・ドイツのプロパガンダ紙シュテュルマーは戦前から、風刺漫画で反ユダヤ感情をあおった。戦後、600万人のユダヤ人大虐殺を助長したことで発行人は戦争犯罪人となり死刑にされた(僕は浅草演芸ホールでスベって死にたいと思ったことがあるが、これも別物)。

ニューヨーク・タイムズ(NYT)国際版に先日載った風刺漫画も笑えなかった。ドナルド・トランプ米大統領がヤムルカ(ユダヤ教徒の帽子)をかぶった視覚障害者で、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相がダビデの星を着けた盲導犬として描かれている。「トランプは悪行に目をつぶり、ネタニヤフに付いていく」というメッセージは問題ないが、「ユダヤ教徒は人を『ユダヤ化』させる、人をだます汚い犬だ」という表現はシュテュルマー顔負けの反ユダヤ主義。当然、批判が殺到し、NYTはすぐに撤回・謝罪した。編集者も懲罰を受けた。死刑にはされないけど。

でも、この騒動で死んだものもある。NYTは風刺漫画の掲載を打ち切ったのだ。残念だが、喜んでいる人もいる。まずニューヨークの不動産王で、数々の汚職疑惑と選挙の不正が噂され、米議会の捜査対象になったあの人 ──19世紀後半にニューヨーク市政を牛耳った「ボス・トゥイード(Boss Tweed)」の幽霊だ(もちろん同じ特徴のあの人もそうだろう)。不正がスクープ記事や風刺漫画で暴かれ奈落に落ちたが、トゥイードは「記事はどうでもいい! どうせ俺の支持者は字が読めないから。でもあのクソ漫画はみんな見るんだ」と激怒した(ここは現代のあの人とは異なる。彼の支持者には字が読める人もいる)。

政治の腐敗や権力乱用は風刺漫画の見せどころ。一目瞭然の形で体制に抵抗し、民主主義の自浄作用を助ける。それに、独立戦争に備えてベンジャミン・フランクリンが団結を呼び掛ける絵を描いたときから、風刺漫画はアメリカの歴史と切り離せない。戦争、格差、女性の投票権や黒人の公民権、LGBT(性的少数者)の人権、温暖化といった社会の危機や改善すべき点への意識向上に欠かせないのだ。NYTの掲載中止は残念過ぎる。でも大丈夫! ニューズウィーク日本版は永遠に続けるから(僕は老後までに2000万円ためないといけないから)!

【ポイント】
STOP THEM DAMN PICTURES!

あのクソ漫画をやめさせろ!

FINALLY... A NEWSPAPER THAT GETS ME!
やっと......新聞も俺の言うことが分かったようだな!

APOLOGIES TO THOMAS NAST
トーマス・ナスト(トゥイードをネタにした風刺漫画家)に謝意を示して

<本誌2019年7月9日号掲載>

cover0709.jpg
※7月9日号(7月2日発売)は「CIAに学ぶビジネス交渉術」特集。CIA工作員の武器である人心掌握術を活用して仕事を成功させる7つの秘訣とは? 他に、国別ビジネス攻略ガイド、ビジネス交渉に使える英語表現事例集も。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!