コラム

怪しげな漢方で中国の伝統復興?

2019年05月31日(金)17時30分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)
怪しげな漢方で中国の伝統復興?

China’s Crazy Remedy / (c)2019 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<日本人は漢方に対して特に抵抗がないようだが、発祥地の中国ではいつも賛否両論になる>

米中貿易戦争真っただ中のいま、中国の米国製品への報復関税、特に糖尿病治療用のインスリンを含む医薬品の25%への関税引き上げが物議を醸している。

「これは一体米国への報復なのか、それともわれわれ庶民への報復なのか」「なぜ贅沢品じゃなく、西薬の関税を引き上げるの? 中医復興のため?」。「西薬」とは西洋の薬、漢方薬は中国語で「中薬」と呼ぶ。中医とは中国の医学、漢方を指す。

日本人は漢方に対して特に抵抗がないようだが、発祥地の中国ではいつも賛否両論。中国のSNS上で中医の話題を持ち出すと、決まって賛成派と反対派の口げんかになる。

賛成派は中医が中国の優れた伝統文化で、ノーベル生理学・医学賞を受賞した屠呦呦(トゥー・ヨウヨウ)も伝統的中国医学を学んだと主張。反対派は何の科学的な根拠もない偽物だ、先祖代々だと自称する民間の年老いた漢方医を見れば分かると猛反発する。

確かに民間の漢方医には荒唐無稽な処方が多い。例えばかまどの灰をお湯に入れ、子供に飲ませて消化不良を治すとか、「童子尿(男児の尿)」を飲む療法は病気が治るだけではなく、健康促進にもなるという。この飲尿療法に頼る人はかなりいるらしい。今でも浙江省東陽市では、「童子蛋」というゆで卵が地元名物として高く売られている。童子蛋売りのおばあさんは「童子蛋はいかがですか。スープでもおいしいよ!」と声を掛けるが、「スープ」は卵を煮込んだ童子尿のことだ。

中国は今、「中国の夢」の実現を目指して「伝統文化を全面復興せよ」と呼び掛けている。漢方も伝統文化の一部として政策的に手厚く保護されており、保険の適用対象でもある。その結果、中国の病院では西洋薬より漢方薬のほうに長い列ができる。漢方薬のほうが値段が安いからだ。

中国政府は、漢方をもっと推進するため、伝統的な漢方の処方箋を基にした新薬を売り出す場合、臨床試験の免除も可能と発表した。病院や漢方業界にとってはうれしいニュースだが、患者にとって福音かはどうか全く疑問。伝統復興と人間の命のどっちが大事なのか、言うまでもないことだ。

【ポイント】
屠呦呦

1930年浙江省生まれ。北京大学薬学科を卒業後、中国伝統医学を学び、抗マラリア薬アーテミニシンを発見。15年に、本土で研究を続けた中国人として初のノーベル賞を受賞した。

童子蛋
「男子の卵」の意味。浙江省東陽市で数百年続く伝統料理で、男子の尿でゆでた卵の殻にひびを入れ、さらに煮込んで1日がかりで作る。10歳以下の男の子の尿が珍重される。東陽市の無形文化遺産。

<本誌2019年06月04日号掲載>

20190604cover-200.jpg
※6月4日号(5月28日発売)は「百田尚樹現象」特集。「モンスター」はなぜ愛され、なぜ憎まれるのか。『永遠の0』『海賊とよばれた男』『殉愛』『日本国紀』――。ツイッターで炎上を繰り返す「右派の星」であるベストセラー作家の素顔に、ノンフィクションライターの石戸 諭が迫る。百田尚樹・見城 徹(幻冬舎社長)両氏の独占インタビューも。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

ラージャオ(中国人風刺漫画家)/唐辛子(コラムニスト)

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<唐辛子、タン・シンツ>
作家・コラムニスト。中国湖南省長沙市生まれ。大型ホテルで総経理を務めたのち、98年から日本に定住。中国語雑誌の編集などを経て、日本に暮らす中国人女性の視点で日本の生活や教育、文化を批評・紹介している。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 3

    ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

  • 4

    「土に触れると癒される」メカニズムが解明される

  • 5

    エジプトのモルシ前大統領、法廷で倒れ非業の死

  • 6

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    日本の神様の名前は、なぜ漢字なのか、どんな意味が…

  • 9

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 10

    米イラン戦争が現実になる日

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 7

    日本の重要性を見失った韓国

  • 8

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

  • 9

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 8

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!