コラム

人種差別のわいせつ男は敗れたが

2017年12月27日(水)10時50分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/ パックン(コラムニスト、タレント)
人種差別のわいせつ男は敗れたが

©2018 ROGERS─PITTSBURGH POST─GAZETTE

<アラバマ州の連邦上院補選で人種差別、同性愛差別、さらに少女への性的暴行で告発された共和党候補が僅差で落選。これではアラバマの住民たちもあまりに恥ずかしくて素直に喜べない>

テレビには名誉毀損になりかねない形容詞が羅列されているが、どれも先日アラバマ州の連邦上院補選に出たロイ・ムーア候補の言動に基づく表現だ。

「アメリカがよかったときは?」と聞かれて奴隷制度のあった時代を持ち出し、ネイティブ・アメリカンとアジア人を reds and yellows(赤いのと黄色いの)と呼び、イスラム教徒は議員になれないと主張したことからの racist。同性愛は「獣姦と一緒だ」と言ったり「忌まわしい、不道徳、自然への大罪だ」と書いたり、全米で合法化された同性婚を自らの州最高裁長官の権限で阻止したことからの homophobic。

14歳の少女も含め、当時未成年だった6人の女性に性的嫌がらせや暴行を告発されたことからの child-molesting。9.11テロは同性愛や中絶を合法化した天罰だと言ったり、判事の時代に裁判をお祈りで始めたり、州最高裁の前に十戒の記念碑を設置したことからの religious nut。どれも事実無根の中傷......ではなさそう。あしからず。

ムーアは選挙に僅差で負けた。でもテレビを見ている2人は喜べない。彼が予備選から勝ち上がったのも、本選で半数近くの票を得たのも、アラバマを代表する有名人になったのも、どれも恥に感じる。喜びよりも恥ずかしさが先に来る。

全国民が共有する反応だ。なぜなら、ムーアを支持した1人はアメリカを代表する人物。メキシコ人は「レイプ犯と殺人鬼」と悪態をつき、イスラム教徒の入国を禁じ、白人至上主義者をかばった、あの人。トランスジェンダーの人の米軍入隊を禁じ、同性愛者にはウエディングケーキを売らなくていいと司法省を通して主張した、あの人。

20人の女性に性的暴行を告発され、「娘じゃなかったら俺が付き合っているかも」とイバンカを性的対象のように話し、10歳の少女を指して「10年後には俺と付き合っているだろう」と言った、あの人。一部のユダヤ教徒やキリスト教徒を喜ばせるためにエルサレムをイスラエルの首都として承認した、あの人。

あの racist, homophobic, molesting, religious nut が次の大統領選で負けても、恥ずかしい思いはなかなか拭えないだろう。アラバマの人たちの気持ち、よく分かる。

【ポイント】
RACIST, HOMOPHOBIC, CHILD-MOLESTING, RELIGIOUS NUT NARROWLY LOSES U.S. SENATE SEAT!

(人種差別主義者で同性愛嫌悪者、子供に性的虐待をした、熱狂的信者が連邦上院選に僅差で敗れる!)

WHEN THE SHAME WEARS OFF ... REMIND ME TO CELEBRATE.
(恥ずかしい思いが消えたら......お祝いをするように私に言って。)

本誌2018年1月2&9日号[最新号]掲載


ニューズウィーク日本版のおすすめ記事をLINEでチェック!

linecampaign.png

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニュース速報

ビジネス

ヘッジ付・オープン外債増加=明治安田生命運用計画

ワールド

トランプ氏が核合意破棄なら「重大な結果」招く=イラ

ビジネス

焦点:昆虫農場に熱視線、世界の「タンパク質危機」救

ワールド

中国の北朝鮮への燃料輸出、3月も低水準

MAGAZINE

特集:テロ時代の海外旅行

2018-5・ 1号(4/24発売)

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

人気ランキング

  • 1

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 2

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 3

    キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わる!

  • 4

    コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

  • 5

    世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

  • 6

    安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

  • 7

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮…

  • 8

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 9

    変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

  • 10

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 1

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

  • 2

    「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

  • 3

    「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

  • 4

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 5

    「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

  • 6

    日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

  • 1

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 2

    ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

  • 5

    「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

  • 6

    ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

  • 7

    「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

  • 8

    2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

  • 9

    こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

  • 10

    ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ 日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!