コラム

大統領就任まで1週間、バイデンを待つ 3つの歴史的難題

2021年01月13日(水)16時30分
大統領就任まで1週間、バイデンを待つ 3つの歴史的難題

求められる資質 長い経験と調整力にたけたバイデンは今 の時代に最も適したホワイトハウスの主になるかもしれない MIKE SEGARーREUTERS

<熟練の手さばきで3つ全てに対処できれば米史上最も優れた大統領の8人に入るが、2つに失敗すれば平均以下の大統領と評価される>

100年に1度の感染症の大流行、数十年に1度の経済危機、半世紀に1度の抗議運動の高まり、そして南北戦争以後最悪の社会的分断──これほどの歴史的な課題を抱えて就任するアメリカ大統領は、ジョー・バイデンが初めてだ。

しかもバイデンは現職ドナルド・トランプに一般投票で700万票以上の差をつけて勝利したのに、その勢いは議会選にまでは及ばなかった。連邦上下両院の与野党勢力はほぼ拮抗し、州議会レベルでは依然共和党が強い。バイデンはいま世界の指導者の中で最も重責を担っているばかりか、1860年の大統領選に勝ったエイブラハム・リンカーン以来の難局に立っている。

20201229_20210105issue_cover200.jpg

だが、この不可能に見える仕事をこなすのにバイデンは最も適任かもしれない。もし実験室で理想の大統領をつくり出すことができたなら、バイデンのような資質を備えた人物が生まれるだろう。

まず彼は、自分は次の大統領までのつなぎ役にすぎず、社会の傷を癒やし、安定をもたらしたいと語っている。トランプ支持者や共和党上層部を悪者扱いすることも拒んだ。

彼は政治家としてのキャリアの大半を政府の高い地位に就くことなく、議会での取引に費やしてきた。副大統領だったときも、共和党との調整が主な仕事だった。イデオロギー的には常に中道派だったし、経験も十分にある。大統領就任前の選出公職の経験年数は歴代でも群を抜く1位。就任後の仕事ぶりに期待を抱かせるだけの経歴だ。

筆者の好きな格言に「圧力がなければダイヤモンドは生まれない」というものがある。バイデンが熟練の手さばきで以下の3つの課題に対処できれば、米史上最も優れた大統領の8人に入るだろう。だが課題のうち2つに失敗すれば、平均以下の大統領と評価される。どの課題にも対応できなければ、アメリカそのものがどん底に沈むかもしれない。バイデンが直面する3つの大きな課題を見てみよう。

1.新型コロナ対策

バイデン政権の最初の半年は、当然ながら新型コロナウイルス対策にかかりきりになる。トランプ時代の政権運営と決別し、能力主義や専門性がいま一度日の目を見る。

バイデンは当選直後、最も優れた専門家たちをコロナ対策チームのメンバーに起用し、コロナ禍を最重要課題として挙げた。この点は高く評価できる。次に続くのは感染経路追跡やソーシャルディスタンス対策、ワクチン流通戦略や政府の情報公開の強化だ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

米FRB、資産購入継続 新たな景気対策歓迎=ボスト

ビジネス

仏政府が拒否、カナダのコンビニ大手によるカルフール

ワールド

世界のコロナ死者200万人突破、増加ペース加速

ビジネス

英コロナ変異種、3月までに米国で主流に 10州で確

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想できなかった

  • 4

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 5

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 6

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 7

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 8

    トランプとペンスが会談 1月20日の任期満了まで職務…

  • 9

    大人気ドラマの世界を再現した「愛の不時着展」に行…

  • 10

    緊急事態宣言を無駄撃ちしている日本政府に絶対許し…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 6

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 7

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 8

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!